BYOAとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > BYOAの意味・解説 

BYOA

フルスペル:Bring Your Own Access, Bring Your Own Application, Bring Your Own App
読み方ビーワイオーエー
別名:ブリング・ユア・オウン・アクセスブリング・ユア・オウン・アプリケーション

BYOAとは、従業員社内ネットワーク環境の外にあるモバイルアプリクラウドサービス利用して業務データを扱うことである。

BYOAの典型的な例には、クラウドストレージ上に資料保存してスマートフォンから閲覧したり、スマートフォンデジカメ資料撮影してクラウドストレージアップロードしたり、メッセンジャー系アプリ業務連絡を行ったり、といったケース含まれる従業員私物端末業務持ち込むことをBYODBring Your Own Device)というが、BYOAは端末でなく個人利用サービス業務持ち込む利用形態といえる

クラウドサービスソーシャルサービスには個人情報流出リスクがある。モバイルアプリにはスパイアプリが含まれているリスクもある。BYOAは、BYODよりも一層セキュリティ上の脅威となりやすい利用形態として言及されることが多い。とりわけ企業BYODやBYOAを容認ていない状況でこっそりBYOAを行うことは「シャドーIT」と呼ばれ、管理把握できないリスクとして論じられる。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「BYOA」の関連用語


2
18% |||||

3
14% |||||

BYOAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



BYOAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリBYOAの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS