賭博場開張図利罪とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 賭博場開張図利罪の意味・解説 

賭博場開張図利罪

読み方:とばくじょうかいちょうとりざい
別名:賭博場開張等図利罪賭博場開張等図利賭博開帳図利罪賭博場開張罪

賭博場開き寺銭などで利益を図ることによって成立する犯罪刑法186条では、賭博場開張等図利について、『賭博場開張し、又は博徒結合して利益を図った者は、三月上五年以下の懲役処する。』と規定している。

賭博場は、部屋一室設けることが多いが、過去判例では、電話電子メールなどの通信手段によるやりとりにおいても賭博場開張図利罪が成立している。

また、賭博場開張図利罪では、利益を図った結果利益が生じなくても犯罪成立する。

関連サイト
刑法


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「賭博場開張図利罪」の関連用語

賭博場開張図利罪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



賭博場開張図利罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS