触地図とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地図 > 地図 > 触地図の意味・解説 

触地図

読み方しょくちず

地図画線記号注記点字)等を紙面より突起させて作成し、指先触れ認識できるようにした視覚障害者のための地図をいう。最近駅などに設置されてきている。

触地図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 15:16 UTC 版)

触地図(しょくちず)とは、視覚障害者触覚により空間認識を行うための地図のことで、「触知地図」や「触覚地図」とも呼ばれる。道路建物などの地物を凹凸のある線や網目模様で、注記を点字により表現している。1880年代盲学校において地理の授業用に作成されたのが始まりとされている。


  1. ^ 国土地理院広報第561号(2015年8月発行)”. 国土地理院. 2015年11月12日閲覧。


「触地図」の続きの解説一覧



触地図と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「触地図」の関連用語

触地図のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



触地図のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
かんこうかんこう
2020 (C) KANKO All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの触地図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS