蚤の綴りとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 蚤の綴りの意味・解説 

のみのつづり (蚤の綴り)

Arenaria serpyllifolia

Arenaria serpyllifolia

わが国各地をはじめ、アジア温帯から亜熱帯ヨーロッパ分布しています。道端荒れ地草原などに生え、高さは5~25センチになります。根もとからよく分枝して、全体短い毛ありますは、広卵形から狭卵形対生します。3月から6月小さな白色の花を咲かせます。花弁は5個、花柱は3個あります。和名は、小さなを「のみ()」の短衣喩えたもと。
ナデシコ科ノミノツヅリ属越年草で、学名Arenaria serpyllifolia。英名は Thyme leaf sandwort
ナデシコのほかの用語一覧
ナデシコ:  高嶺撫子
ナンバンハコベ:  南蛮繁縷
ノミノツヅリ:  アレナリア・モンタナ  蚤の綴り
ハコベ:  ステルラリア・ネモルム  小繁縷  岩爪草

蚤の綴り

読み方:ノミノツズリ(nominotsuzuri)

ナデシコ科越年草

学名 Arenaria serpyllifolia




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蚤の綴り」の関連用語

蚤の綴りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蚤の綴りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS