私用文書等毀棄罪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > 毀棄罪 > 私用文書等毀棄罪の意味・解説 

私用文書等毀棄罪

読み方:しようぶんしょとうききざい

いわゆる公用文書以外の文書毀棄することにより成立する犯罪一般的に手形小切手などが私用文書該当する。また、過去判例では有価証券私用文書とみなされている。

私用文書等毀棄罪は、刑法259条により、『権利又は義務に関する他人文書又は電磁的記録毀棄した者は、五年以下の懲役処する。』と規定されている。

毀棄は、破り捨てるなどして原形をとどめない行為一般的とされるが、文書隠匿する行為なども過去判例では毀棄とみなしている。

なお、文書毀棄することにより成立する犯罪には、私用文書等毀棄罪の他に公用文書等毀棄罪が挙げられる。

関連サイト
刑法

文書等毀棄罪

(私用文書等毀棄罪 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/20 04:54 UTC 版)

文書等毀棄罪(ぶんしょとうききざい)は、刑法に規定された犯罪類型の一つ。第二編第四十章「毀棄及び隠匿の罪」に規定がある。一定の重要な文書又は電磁的記録を物理的に破壊するなどの方法で使用不能にする行為を内容としている。






「文書等毀棄罪」の続きの解説一覧



私用文書等毀棄罪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「私用文書等毀棄罪」の関連用語

私用文書等毀棄罪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



私用文書等毀棄罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文書等毀棄罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS