田中三七一とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 田中三七一の意味・解説 

田中三七一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/05 05:27 UTC 版)

田中三七一(たなか みないち、1904年明治37年)1月19日 - 1992年平成4年)10月10日)は日本囲碁棋士東京出身、日本棋院所属、七段(追贈八段)。旧姓加藤。兄は加藤信八段。棋士会の副会長を務めるなど、篤実な人柄で、武宮正樹九段の「最初の師匠」としても知られる。


  1. ^ 棋道』1992年12月号(武宮正樹「田中三七一先生の思い出」)
  2. ^ 武宮正樹『新・木谷道場入門シリーズ9 『石の威力』』河出書房新社、1973年11月10日初版/1996年9月25日新装改訂初版(98頁コラム「武宮君のこと」)


「田中三七一」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「田中三七一」の関連用語

田中三七一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



田中三七一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田中三七一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS