熱核ジェットとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 熱核ジェットの意味・解説 

【熱核ジェット】(ねつかくじぇっと)

空気吸い込み、それを熱核反応核分裂または核融合)の熱を利用して膨張させ、噴射することによって推力を得るエンジン
空気炉心直接送り込む直接型と、熱交換器空気加熱する間接型に分類される。
実用化されれば非常に長い航続距離実現することができるが、放射能漏れを防ぐ技術確立しておらず、また炉心などの小型化難しいため、実用化のめどは立っていない

かつて、アメリカターボジェット熱エネルギー原子炉で補うX-6実験機計画されたものの、その前哨実験機であるNB-36問題多発し、実機が製作されることはなかった。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「熱核ジェット」の関連用語

熱核ジェットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AW609

フォーポイントロール

アレスティングフック

ヴェイパー

銃架

航空母艦

P-51

早期警戒機





熱核ジェットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2018 Weblio RSS