水塚とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 水塚の意味・解説 

水塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/10 16:33 UTC 版)

水塚(みづか、みずつか、みつか)[1]とは洪水の際に避難する水防施設である。 母屋よりも数十センチないし3メートル[2]ほど高く盛土を施した上に設けられたなどの建物、あるいはその盛土を言う。洪水時にその建物に避難し、しばらく生活が出来るようになっている このような構造物のうち、主に荒川流域 [3][4]利根川流域 [5][2] のものがこの名称で呼ばれる。


  1. ^ 表記および読み方は小学館国語大辞典第2版および世界大百科事典(平凡社)による。
  2. ^ a b 板倉町公式ウェブサイト
  3. ^ 朝霞市公式ウェブサイト 水害に備えた水塚を残す農家。
  4. ^ 志木市公式ウェブサイト 志木市歴史まっぷ宗岡編から pdf
  5. ^ 国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所のウェブサイト。
  6. ^ 千葉県立関宿城博物館
  7. ^ 埼玉県立川の博物館


「水塚」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水塚」の関連用語

水塚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



水塚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水塚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS