母原病とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > 母原病の意味・解説 

ぼげん びょう-びやう [0] 【母原病】


母原病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/19 15:19 UTC 版)

母原病(ぼげんびょう)とは、日本の精神科医久徳重盛が1979年に、サンマーク出版から刊行した『母原病―母親が原因でふえる子どもの異常』で発表した精神医学的な考えで、母親の育児下手が子どもに様々な病気・問題をひき起こしているとするものである[1]。科学的根拠がなく、個人的な意見の域を出ない疑似科学の類であるが、これを主張した久徳の書籍は続編も含めシリーズで100万部を超えるベストセラーになり、マスメディアが日本の母子関係の問題性を喧伝する流れが生じた[2][3]


  1. ^ a b c d e 上野恵子・穴田和子・浅生慶子・内藤圭・竹中真輝「文献の動向から見た育児不安の時代的変遷」 西南女学院大学紀要 14, 185-196, 2010, 西南女学院大学
  2. ^ a b 山口真紀 「上野千鶴子『マザコン少年の末路——女と男の未来〈増補版〉』 」2009
  3. ^ a b c 山田ノジル 子の病気=母親に原因あり! 「母原病」の源流をたどるとトンデモ医師にたどり着く messy 2017.10.24
  4. ^ a b 村本邦子「 日本の児童・女性政策と心理学(<特集>社会的実践と心理学)」 心理科学 34(2), 20-30, 2013, 心理科学研究会
  5. ^ 宗澤忠雄 毒親ー個人の家族からの解放 宗澤忠雄の福祉の世界に夢うつつ けあサポ 2018年2月5日


「母原病」の続きの解説一覧





母原病と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「母原病」の関連用語

母原病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ジョイアスロン

ナドライト

オンナソンウミウシ

LaVie

ピンクマウマウ

小笠原国立公園

PC-9821Es

マガン





母原病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの母原病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS