村上喜代子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 村上喜代子の意味・解説 

村上喜代子

村上喜代子の俳句

今年この桜と縁結びけり
 

村上喜代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/24 22:50 UTC 版)

村上 喜代子(むらかみ きよこ、1943年7月12日 - )は、俳人山口県下関市内日町に生まれる。1966年、広島大学教育学部を卒業。1976年、「」に入会し大野林火に師事。1981年濱賞受賞、「濱」同人。1991年、第一句集『雪触れ触れ』により第15回俳人協会新人賞受賞。1994年、大串章の「百鳥」創刊編集同人。1997年、第3回百鳥鳳声賞受賞。2005年「いには」創刊・主宰。「百鳥」退会。句集に『雪降れ降れ』『つくづくし』『八十島』『村上喜代子集』『間紙』。俳人協会評議員。




「村上喜代子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「村上喜代子」の関連用語

村上喜代子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



村上喜代子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの村上喜代子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS