後搾りとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 酪農用語 > 後搾りの意味・解説 

後搾り(ストリッピング)


後搾りとは、搾乳して乳が出終ったあとでさらに乳を搾り出すことをいいます。一般的に搾乳前搾り搾乳→後搾りの順で行われますが、近年この後搾りはいずれの方法にせよできるだけ行わない方がいいといわれています。 「一滴も残さず搾り切った方がいい」というのは、ひと昔前のことなのですしかしながらいまだに後搾りを行っている酪農家は多いのが現状です。


後搾り



後搾りには、機械をつけたまま行う、「マシンストリッピング」と手搾りで行う「ハンドストリッピング」があります。「ハンドストリッピング」は、手間がかかるということもあり、多頭とともに行わなくなった 酪農家多くなりましたが、「マシンストリッピング」は、現在も行われています。

前述したように、この「マシンストリッピング」も行わない方がよいといわれているわけですが、その理由としては、搾乳する作業効率落ちる、乳が出なくなってから無理に搾るので 乳頭を傷つけ乳房炎感染しやすいなどの点が上げられます。後搾りは、乳房乳頭がしぼみかけている搾乳終わり段階乳房をもみますが、その際カップ乳頭の間にすき間ができてしまい、空気が吸い込まれてしまいます(ライナスリップ現象)。この現象が起きると、いったん絞り出された乳が逆流して乳頭先に当たり、乳房感染しやすく なるのです。ただし、後搾りを行わないため多量の乳が残ったり、乳房炎になりやすい牛は例外です。

<ミルククラブ情報誌'93 AUTUMN vol.9より>


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「後搾り」の関連用語

後搾りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



後搾りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2019 Japan Dairy Council All right reserved.

©2019 Weblio RSS