年爵とは? わかりやすく解説

ねん‐しゃく【年爵】

読み方:ねんしゃく

年給の一。平安時代以降上皇三后(さんこう)・東宮親王などの所得とするために、毎年一定数の叙爵希望者を募って推薦させ、名目だけの従五位下叙して、叙任された者にその叙料を納めさせた制度


年爵

読み方:ネンシャク(nenshaku)

平安時代以降売官一種


年爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 06:16 UTC 版)

年爵(ねんしゃく)とは、日本の古代・中世前期において、治天の君及び三宮太皇太后皇太后皇后)が保有していた叙位権を指す用語。毎年、治天ないし三宮に1人分の叙爵権を付与し、治天及び三宮は叙爵希望者より叙料を納めさせることで、従五位下叙爵させることができるとされた。当該制度は平安時代初期にはじまり、次第に年爵の特典は女院准后にも与えられることとなった。




「年爵」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「年爵」の関連用語

1
90% |||||

2
54% |||||

3
官冠 デジタル大辞泉
38% |||||

4
准三宮 デジタル大辞泉
34% |||||

5
年給 デジタル大辞泉
34% |||||

6
デジタル大辞泉
18% |||||

7
14% |||||



10
12% |||||

年爵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



年爵のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの年爵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS