左袵とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 左袵の意味・解説 

左袵

読み方:サジン(sajin)

上衣の襟の合わせかたが左前であるもの。埴輪人形あらわれている。


左袵

読み方:ひだりまえ

  1. 運勢宜しからず、却つて逆にまはること。不自由。「身代が-になる」。
  2. 運勢が悪く、経済がうまく行かぬことをいふ。「ひだり」の条を見よ。
  3. 運勢良くなく家計不如意のことをいふ。
  4. 不振不運不景気になること、右のエリ(袵)を左の袵の外に合せて着ること、即ち逆なことから出た語。
  5. 落ち目になること。和服左前から来たもので、逆である、普通でないの意。〔俗〕

分類 俗語、俗/一般東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「左袵」の関連用語

1
12% |||||

2
4% |||||

左袵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

STS-87

三又

佐佐木信綱

グランプラス

かんじき

KTR700型

AZワゴン Custom Style

カイガラカツギ





左袵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2018 Weblio RSS