岡山石とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > 岡山石の意味・解説 

岡山石(Okayamalite)

岡山石
岡山県川上郡備中町布賀
Ca2B2SiO7 標本の幅約2.3cm

日本岡山県発見された新鉱物です。

岡山石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/24 05:19 UTC 版)

岡山石(おかやませき、 Okayamalite)は、1998年に発表された新鉱物国立科学博物館鉱物学者松原聰などにより、岡山県川上郡備中町布賀(現高梁市地図 - Google マップ)から発見された[1]。布賀はゲーレン石・スパー石スカルンが発達している[2]化学組成はCa2B2SiO7で、正方晶系。ゲーレン石 (Gehlenite) のアルミニウム硼素で置き換えた組成の種である。産出地の県名から命名された。


  1. ^ Matsubara, S. (1998): Okayamalite, Ca2B2SiO7, a new mineral, boron analogue of gehlenite. Mineral. Mag., 62, 703-706.
  2. ^ 草地功, 逸見千代子, 逸見吉之助、岡山県備中町布賀産含大江石脈 『岩石鉱物鉱床学会誌』 1984年 79巻 7号 p.267-275, doi:10.2465/ganko1941.79.267


「岡山石」の続きの解説一覧



岡山石と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岡山石」の関連用語

岡山石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



岡山石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2020 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岡山石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS