就労始期付解約権留保付労働契約とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 就労始期付解約権留保付労働契約の意味・解説 

就労始期付解約権留保付労働契約

読み方:しゅうろうしきつきかいやくけんりゅうほつきろうどうけいやく
別名:始期付解約権留保付労働契約

就労始期解約留保の2つの条件が付いた労働契約のこと。採用内定した際の雇用者被雇用予定者の間で締結される契約1つ

就労始期付解約権留保付労働契約の「就労始期付」は、就業開始日を労働条件付加することである。例えば、新卒大学生なら、卒業後の4月1日就業開始日とする場合が多い。「解約留保付」は、就業開始日までの間、雇用者被雇用予定者との解約保持する(解約できる)ことを労働条件付加することである。

就労始期付解約権留保付労働契約では、被雇用予定者は就業開始日より前の日であっても従業員してみなされる。よって、就労始期付解約権留保付労働契約の解除従業員解雇となる。

なお、労働契約には、「解約留保付」のない就労始期付労働契約などがある。

関連サイト
Q6 採用内定の法的な効果はどのようなものですか。 - 労働政策研究・研修機構


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「就労始期付解約権留保付労働契約」の関連用語

就労始期付解約権留保付労働契約のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



就労始期付解約権留保付労働契約のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS