安らかとは?

やす‐らか【安らか】

形動[文]ナリ

穏やかで変わったことのないさま。平安なさま。「安らかな旅路を祈る」

何の心配も悩みもないさま。「安らかな眠りにつく」

わかりやすいさま。平易なさま。

文字の意味—にして」〈逍遥小説神髄

気楽なさま。

唐衣こき垂れたるほどなど、馴れ—なるを見るも」〈一八四〉

穏当わざとらしさがないさま。

「うちある調度昔覚えて—なるこそ、心にくしと見ゆれ」〈徒然・一〇〉

たやすいさま。簡単であるさま。

「(水車ヲ)こしらへさせられければ、—にゆひて参らせたりけるが」〈徒然五一

[派生] やすらか[名]


やすら‐か【安━】

形動〕 (「か」は接尾語

① 穏やかで何の心配もないさま。平安なさま。静穏な状態。無事安楽

書紀720仁徳四年二月前田本訓)「人人詠徳(ほむ)る音を誦(あ)けて家毎に、康哉之歌(ヤスラカナリといふうた)有り

徒然草1331頃)一二四明暮念仏して、やすらか世を過ぐす有様、いとあらまほし

② 気楽なさま。ゆったりとして余裕のあるさま。堅苦しくないさま。

(10C終)一八四「唐衣こき垂れたるほどなど、馴れやすらかなるを見るも」

③ ゆったりとして感じのよいさま。心が安らぐようなさま。

落窪(10C後)四「うち笑ひ給ふ様、いとやすらか也」

らくらく事を行なうさま。たやすいさま。無造作なさま。やすやす

大智度論天安二年点(858)「譬れば人の右の手自然に隠(ヤスラカニ)便なるが如し

(5) わかりやすいさま。平易であるさま。

開化のはなし(1879)〈辻弘想〉二「其学科も、平易(ヤスラカ)なるを主とし」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安らか」の関連用語

安らかのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



安らかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS