夫れ夫れとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 夫れ夫れの意味・解説 

それ‐ぞれ【×其れ×其れ/夫れ夫れ】

読み方:それぞれ

複数の物・人の、ひとつひとつひとりひとり。おのおの。めいめい副詞的に用いる。「—が自分の道を選ぶ」「地方によって—習慣が違う」

[用法] それぞれ・おのおの——「持っていく荷物それぞれ(おのおの)に名札をつける」「切符それぞれ(おのおの)自分で持ちなさい」のようにひとつひとつの意では相通じ用いられる。◇「それぞれ」は、「人それぞれに好みが違う」「映画芝居それぞれ魅力がある」のように、複数の人や物の個々異なるものとしてとらえる傾向があるこの場合に「おのおの」を使うのは適当でないまた、それぞれ」は人や物だけでなく事柄についても用いて、「料理洋裁それぞれに才能を発揮する」などという。◇「おのおの」は、「会員のおのおのが意見言った」「出品されたどの作品もおのおの力作である」のように、ひとりひとりひとつひとつ同列扱って、個を含んだ全体という意味合いがある。◇類似の語に「めいめい」がある。「めいめい」は、人についてのみ使う。全体問題とせず、ひとりひとりという意味で使う。「切符めいめいお持ち願います




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

夫れ夫れのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



夫れ夫れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS