国際原子力事象評価尺度レベル6とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 国際原子力事象評価尺度レベル6の意味・解説 

国際原子力事象評価尺度レベル6

読み方:こくさいげんしりょくじしょうひょうかしゃくどレベルろく
別名:INESレベル6

国際原子力機関(IAEA)などが定め原子力発電所事故事象報告のための国際評価尺度の内、「大事故」として規定されるレベルのこと。

レベル6」の場合、「事業所外への影響」の基準としては、放射性物質かなりの外部放出などが挙げられる。

過去発生した、原子力発電所事故で、「レベル6」に相当するものとしては、1957年旧ソ連発生した「ウラル核惨事」がある。

2011年3月11日発生した東日本大震災により発生している「福島第一原子力発電所事故」については、2011年3月15日時点では「レベル5」とされ、「レベル6」であるとする見解が出るなどしていたが、4月半ばには暫定レベル7まで引き上げられている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国際原子力事象評価尺度レベル6」の関連用語

国際原子力事象評価尺度レベル6のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国際原子力事象評価尺度レベル6のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS