原発ストレステストとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 原発ストレステストの意味・解説 

原発ストレステスト

読み方:げんぱつストレステスト
別名:原発耐性評価原発耐性テスト

原子力施設安全性点検するために、通常よりも高い負荷をかけて異常を発見しやすくしたり、健全性検証したりする試験のこと。

原発ストレステストは、原子炉耐性安全性などを検証するため、炉に何らかの負荷をかけて耐久力があることを検証する。ヨーロッパなどで実施されているもので、福島第一原子力発電所原発事故発生した後には欧州諸国それぞれ独自に原発ストレステストを実施している。

2011年7月日本政府国内原子力発電所一時停止し、ストレステストをするべきだとの見解示した。これに対して原発立地地域などからは、安全重視姿勢対す評価とともに行動唐突場当たり的だという不満も漏れている。なお、2011年7月11日現在、原発ストレステストの具体内容発表されていない

ちなみに一般的にストレステストといえば経済学において銀行などが健全な経営を行っているかどうか試験すること、あるいは、電気部品について過大電流流し不測の事態にも重大な事故に繋がらないかどうかを試すことなどを指す。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原発ストレステスト」の関連用語

原発ストレステストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



原発ストレステストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS