出だすとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 動詞 > 四段活用 > サ行四段活用 > 出だすの意味・解説 

いだ・す【出だす】

[動サ四]

内にあるものを外の方へ移す。

「帳のうちよりも―・さず、いつき養ふ」〈竹取〉

出発させる。

「暁に船を―・して」〈土佐

差し出す。提供する

「宮の、五節(ごせち)―・させ給ふに」〈・九〇〉

新たに生じさせる。起こす

「尊(みこと)また火を―・されたりければ」〈平家一一

声に表す。歌ったり吟じたりする。また、表情などにだす。

拍子とりて梅が枝(=催馬楽曲名)―・したるほど」〈源・梅枝

「色にも―・させ給はずなりぬるを」〈源・桐壺

動詞連用形に付いて複合語をつくる。

㋐その動作が外に向かって行われる意を表す。「言い出だす」「眺め出だす」など。

㋑その動作によって結果が外に現れるようにする意を表す。「作り出だす」「染め出だす」など。

㋒その動作が始まる意を表す。「走り出だす」「歌い出だす」など。→だす




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「出だす」の関連用語

出だすのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



出だすのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 Weblio RSS