マイボーム腺とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > > マイボーム腺の意味・解説 

マイボーム腺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/09 22:23 UTC 版)

マイボーム腺(マイボームせん、: Meibomian gland)は、まぶたの縁にある特殊な皮脂腺の一つで、目の涙液膜の蒸発を防ぎ、が頬にこぼれ落ちるのを防止し、閉じたまぶた内を気密にする働きを持つ油性物質(皮脂)の供給をつかさどる。瞼板腺(けんばんせん、tarsal glands)ともいう。マイボーム腺は上まぶたには約50本、下まぶたには約25本存在する。この腺の名前はドイツ医師ハインリッヒ・マイボーム1638年 - 1700年)の名にちなむ。


  1. ^ Tsai PS, Evans JE, Green KM, Sullivan RM, Schaumberg DA, Richards SM, Dana MR, Sullivan DA. "Proteomic analysis of human meibomian gland secretions." Br J Ophthalmol. 2006 Mar;90(3):372-7. PMID 16488965.


「マイボーム腺」の続きの解説一覧



マイボーム腺と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マイボーム腺」の関連用語

マイボーム腺のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マイボーム腺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイボーム腺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS