ホットスタンバイシステムとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ホットスタンバイシステムの意味・解説 

ホットスタンバイシステム

【英】hot standby system

ホットスタンバイシステムとは、コンピュータ通信機器などのシステムのうち、障害発生時の対策として多重化されたシステムのことである。

ホットスタンバイシステムでは、実際に稼動しているシステムと全く同じ構成システム複数構築して、稼動中にシステム障害発生した場合備え待機させている。実際に稼動させているシステム本番システム、その他のシステム待機系、予備系などと呼ばれることが多い。本番系と予備系はともに常時稼働状態にされており、本番システム障害発生した場合システム停止をほとんどなく待機システムに処理を引き継ぐことができる。

ホットスタンバイシステムはすべてのシステム稼働させておくため、その分のコストがかかるが、システム信頼性は向上する

システム複数構築する障害対応システムとして、コールドスタンバイシステムがある。コールドスタンバイシステムでは待機システム稼働せず、障害が起きた場合にのみ稼働して本番系から処理を引き継ぐ。この切り替え若干時間がかかり、切り替えの間システム停止する。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ホットスタンバイシステム」の関連用語

ホットスタンバイシステムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

Xperia AX SO-01E

Kindle for Android

4004

IdeaPad U300s

SH-09C

iPhone SE

Microsoft Office 2013

iOS 7





ホットスタンバイシステムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリホットスタンバイシステムの記事を利用しております。

©2018 Weblio RSS