ペレット触媒コンバーターとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ペレット触媒コンバーターの意味・解説 

ペレット触媒コンバーター

英語 pellet-type catalyst converter

活性アルミナなどからなる粒状型(ぺレット型)の担体活性成分(触媒物質)を担持した触媒を用いた排気ガス浄化装置。有害成分を無害ガス変換する機能をもつ粒子触媒(ぺレット触媒)、耐熱鋼などでつくられた容器、および触媒作動条件設定する制御システムなどから構成される。ぺレット触媒生産性がよく、触媒劣化が生じた場合に、詰め替えによって比較安価機能回復が可能であることから、加鉛(有鉛)ガソリンの誤使用などによる触媒劣化懸念された初期触媒浄化装置において多用された。排気抵抗増加振動高熱による触媒摩滅収縮などの課題があり、現在はモノリス触媒主流である。

ペレット触媒コンバーター

参照レット触媒モノリス触媒コンバーター
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ペレット触媒コンバーター」の関連用語

ペレット触媒コンバーターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ペレット触媒コンバーターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS