トレピブトンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > トレピブトンの意味・解説 

トレピブトン

分子式C16H22O6
その他の名称トレピブトン、AA-149、Trepibutone、3-(2,4,5-Triethoxybenzoyl)propionic acid、4-(2,4,5-Triethoxyphenyl)-4-oxobutanoic acid、2,4,5-Triethoxy-γ-oxobenzenebutanoic acid、スパカール
体系名:4-(2,4,5-トリエトキシフェニル)-4-オキソブタン酸、3-(2,4,5-トリエトキシベンゾイル)プロピオン酸2,4,5-トリエトキシ-γ-オキソベンゼンブタン酸


トレピブトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/03 09:30 UTC 版)

トレピブトンINN:trepibutone)とは、4-オキソ-4-(2,4,5-トリエトキシフェニル)ブタン酸の事である。ヒトにおいて、オッディ筋を弛緩し易くする作用を持っている。主に、胆汁膵液が十二指腸へと流れ込み易くする目的で、医薬として経口投与で用いられる場合が有る。


注釈

  1. ^ カルモジュリンにカルシウムイオンが結合すると、平滑筋が収縮すると書くと、やや語弊が有るため、簡単に補足する。すなわち、カルシウムイオンが結合すれば、一気にATPを分解してエネルギーを使いながら、筋肉を収縮させるトロポニンを有する横紋筋の場合と異なる。平滑筋の場合はカルモジュリンにカルシウムイオンが結合する事によってミオシンをリン酸化する酵素を活性化させ、ミオシンの軽鎖がリン酸化されると、アクチンとの相互作用が可能になり、初めて平滑筋は収縮する。平滑筋において、カルシウムイオンはミオシンのリン酸化を調節する因子の1つに過ぎない。詳細は、筋肉に関する記事全般を通読の事。
  2. ^ 抗コリン作用を持つチキジウムやブチルスコポラミンなどは、緑内障、排尿障害を伴う前立腺肥大、重症の心疾患、麻痺性イレウスに対しては禁忌であり、使用できない。抗コリン作用が問題になる疾患は、多数存在するため、一般に抗コリン作用を持った医薬の使用には注意を要する。詳しくは、アセチルコリンの生理作用や、自律神経の作用などの基本的な事項を参照した上で、関連する疾患や医薬などについて参照のこと。

出典

  1. ^ a b c d 佐野 武弘・内藤 猛章・堀口 よし江(編集)『パートナー医薬品化学』 p.175 南江堂 2008年4月15日発行 ISBN 978-4-524-40238-0
  2. ^ a b 重信 弘毅・石井 邦雄(編集)『パートナー薬理学』 p.330 南江堂 2007年4月15日発行 ISBN 978-4-524-40223-6
  3. ^ 重信 弘毅・石井 邦雄(編集)『パートナー薬理学』 p.118 南江堂 2007年4月15日発行 ISBN 978-4-524-40223-6
  4. ^ 高久 史麿・矢崎 義雄(監修)『治療薬マニュアル2016』 p.390 医学書院 2016年1月1日発行 ISBN 978-4-260-02407-5
  5. ^ 高久 史麿・矢崎 義雄(監修)『治療薬マニュアル2016』 p.391 医学書院 2016年1月1日発行 ISBN 978-4-260-02407-5


「トレピブトン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  トレピブトンのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トレピブトン」の関連用語

トレピブトンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トレピブトンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトレピブトン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS