チルホールとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 造園工具事典 > チルホールの意味・解説 

チルホール

重量物を引っ張るためのドイツの手動式で、型式によっては最大1.5tくらいまでの牽引能力がある。大きさ荷重能力によって異なるが、幅が50~80cm、自重が7~15kgほどである。なお滑車使用することにより物を吊り上げることも可能となる。  台付けワイヤロープ一端を、大木その他のしっかりした構造物に結び、もう一端をアンカーフックに掛け、荷にもロープガイド側の台付けワイヤロープしっかりと掛け前進レバーを動かして荷を引っ張る。アンカーフック側の台付けに荷を取りつけた場合はバックレバーを動かして引っ張る。  使用にあたっては、決められた重量上のオーバーロード絶対避け1カ月に最低1回は必ず自主点検することが大切である。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チルホール」の関連用語

1
8% |||||


チルホールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チルホールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2021 All rights reserved

©2021 Weblio RSS