セイモッコウとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 和の香り > セイモッコウの意味・解説 

青木香(セイモッコウ)

青木香
原産地インド中国
インド中国産のウマノスズクサの根。古代にはよく使われたようで、正倉院買物帳などにも名が出て来る。防虫効果を生かし、香料として匂袋などに使われる他、材として鎮痛消炎効果もある。

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ
科名 ウマノスズクサ科
別名: -
生薬名: バトウレイ馬兜鈴)・セイモッコウ(青木香
漢字表記 馬鈴草
原産 日本中国
用途 山野自生するツル性多年草。夏に紫緑色筒状の花が咲きます。根には降圧・鎮静作用果実去痰薬として用いられます。
学名: Aristolochia debilis S. et Z.
   


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セイモッコウ」の関連用語

セイモッコウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セイモッコウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
香雅堂香雅堂
Copyright (c) 2019Kogado lnc All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧

©2019 Weblio RSS