コロイダルシリカとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 研磨用語 > コロイダルシリカの意味・解説 

コロイダルシリカ

ころいだるしりか

SiO2またはその水和物コロイドで、通常粒子径10~300nmで一定の構造を持たないもの。ケイ酸塩希塩酸作用させてから透析して得られ、常温ではなかなか沈殿しないゾル状である。Siウエハなどの仕上げポリシング研磨剤として多用されている。

二酸化けい素

分子式O2Si
その他の名称:二酸化けい素、Silicon dioxideクオーツQuartzSilicaSiO2シリカZeolite θ-1、ゼオライトθ-1、クリストバル石Cristobalite、Ultrafine particle of anhydrous silica超微粒子無水シリカ融解石英、Vitreous silicaシリカゲルSilica gel、コロイダルシリカ、合成石英、トリジマイト、Tridymite、コエサイト、Coesite
体系名:けい素ジオキシド



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コロイダルシリカ」の関連用語

コロイダルシリカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コロイダルシリカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
産業技術総合研究所産業技術総合研究所
Copyright © 2000-2019 , 独立行政法人 産業技術総合研究所
デジタルものづくり研究センター加工技術データベース
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency

©2019 Weblio RSS