エラーハンドリングとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > エラーハンドリングの意味・解説 

エラーハンドリング

別名:例外処理
【英】error handling

エラーハンドリングとは、プログラムの処理中に処理が妨げられる事象発生した際、その処理をエラーとして対処する処理のことである。例外処理とも呼ばれる

例外処理原因としては、機械的要因ハードウェア読み込み失敗)などもあるが、多く場合はプログラムデータの損失や、想定されていない処理が入力されたことが要因となる。例え数字入力されることを想定して作成されたプログラムに、ひらがな入寮されれば、プログラムは処理を続行することができず、エラー発生する。エラー発生するとエラーハンドリングがは実行される。

エラーハンドリングの処理内容は、プログラム内にあらかじめ用意しておく必要がある。エラーハンドリングの処理が準備されていないプログラムでは、エラー発生した際にどういった反応が起こるか予測できない無限に入出力繰り返したり、入力不可能になったりする場合もある。エラーハンドリングがどういった条件発生するかも予測つかないのであるそのためエラーハンドリングを用意しておくことは忘れてはならない作業のひとつであるといえる

ただし、C++Javaといったプログラミング言語については、言語自体がエラーハンドリングを想定して作られているため、エラーハンドリングの作成比較的容易になっている

プログラミングのほかの用語一覧
コーディング:  後判定ループ  アロケーション  アンダーフロー  エラーハンドリング  エンディアン  演算  インプリメント



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エラーハンドリング」の関連用語

エラーハンドリングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エラーハンドリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリエラーハンドリングの記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS