エピカーブとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > エピカーブの意味・解説 

エピカーブ

別表記:流行曲線、エピデミックカーブ

エピカーブとは、エピカーブの意味

エピカーブとは、感染症における新規感染者数を発症日ごとに集計曲線グラフ示したものである。エピカーブではX軸発症日をとり、Y軸新規感染者数をとる。XとYの交点を線で結んだものがエピカーブである。

エピカーブは一般的に山型カーブを描くことが多い。曲線右肩上がり推移している時は、感染症拡大していることを意味する。曲線頂点達し少しずつ減っている状況右肩下がり)では感染症収束に向かっていることを表している。

1日ごとの推移でエピカーブを見ると、新規感染者数の多い時と少な時の乖離大きくなり見づらいことがあるX軸1日単位から週単位、月単位変更することでゆるやかな曲線になり、感染トレンドが見やすくなる。

エピ‐カーブ【epi curve】



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エピカーブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エピカーブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS