アイドマの法則とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 広告用語 > アイドマの法則の意味・解説 

AIDMA(アイドマ)の法則(ほうそく)

AIDMA は,注目attention),関心interest),欲望desire),記憶memory),行動action)から〕
見込み客製品を買うにいたるまでの心の動き過程についての法則AIDCA の法則における確信記憶置き換えたもの。 → AIDCA の法則

アイドマの法則 AIDMA

消費者広告などの情報を処理して最終的購買行動にまで至る心理プロセス効果階層モデルとして提示したものである。AIDMAは、attention(注意)→interest(興味)→desire(欲求)→memory(記憶)→action(行為)のそれぞれの単語イニシャルをつなげたものである。そもそも販売員管理モデルとして開発したといわれ、まずはセールストーク注目させ、興味持たせ欲求喚起し、その状態を記憶させ、最終的には行為を起こさせるという一連の真理プロセス単純化したものである。attentioninterestdesireactionAIDAmemory代わりにconvic-tion(確信)を入れてAIDCAとすることもある。

AIDMA

(アイドマの法則 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/11 04:19 UTC 版)

AIDMA(アイドマ)とは1920年代にアメリカ合衆国の販売・広告の実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが著作中で示した広告宣伝に対する消費者の心理のプロセスを示した略語である。日本語圏において「AIDMAの法則」として、2004年に広告代理店の電通等により提唱されたAISAS[1][2]との比較等で日本では知られる。[3]


  1. ^ a b 電通が2005年6月に商標として登録。商標登録番号第4874525号。
  2. ^ 【電通】SIPS
  3. ^ Google Trends - "AIDMA" date=all&国指定なし, 2000年代に日本でトレンド
  4. ^ Strong, E.K.(1925). "Theories of Selling". Journal of Applied Psychology 9: 75-86. APA Online. Strong自身、同モデルを米国の広告唱道者セント・エルモ・ルイス1872年 - 1948年)に拠るものとしている。


「AIDMA」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アイドマの法則」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

アイドマの法則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アイドマの法則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2019 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAIDMA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS