とこぶしとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > とこぶしの意味・解説 

とこ‐ぶし【常節】

ミミガイ科巻き貝アワビに似るが小型で、殻長約7センチ。殻の呼吸孔は6〜8個と多い。北海道南部から南の浅海岩礁にすむ。食用。ながれこ。あなご。《 春》

常節の画像

とこ‐ぶし【常節】

〔名〕 ミミガイ科巻き貝アワビ類の一種北海道南部以南沿岸岩礁にすむ。殻はアワビ似ているが、はるかに小さく、殻長約八センチメートル。殻は褐色または褐色オリーブ色で、細かい筋が密にある。内面青み帯び真珠光沢があって美しい。殻の外縁には六〜八個の穴が一列に並んでいて、ここから排泄呼吸をする。肉は柔らか美味。ながれこ。穴子(あなごう)。《季・春》 〔俳諧毛吹草(1638)〕



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とこぶし」の関連用語

とこぶしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



とこぶしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)

©2022 GRAS Group, Inc.RSS