たいぷふぇいすとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > サイバー法用語 > たいぷふぇいすの意味・解説 

タイプフェイス

読み方:たいぷふぇいす
【英】 typeface

印刷技術によって語や文を構成するための手段に用いられることを目的としてデザインされた一連の文字書体をいう。いわゆるフォント」もこれに含まれるわが国においては書家の書について理論的著作物性を認め裁判例東京地判昭601030無体例集17巻3号520頁,東京地判平1・1110無体例集21巻3号845頁など)はあるが,文字書体(タイプフェイス)に著作物性を認めることは,文字が万人共通の文化的財産であることなどから難しいとされ(東京高判昭58・426無体例集151号340頁),その国際的保護定立ていない。なお,日本タイポグラフィ協会は,タイプフェイスの権利確立する活動一環として現存する日本のタイプフェイスを網羅したデータベース作成し,これを刊行している。

(注:この情報2007年11月現在のものです)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たいぷふぇいす」の関連用語

たいぷふぇいすのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



たいぷふぇいすのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2019 Sekidou Kousuke.

©2019 Weblio RSS