じきにとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > じきにの意味・解説 

じき‐に〔ヂキ‐〕【直に】

[副]もう少ししたら。もうすぐ。「直に追いつくよ」


じき‐に ヂキ‥ 【直━】

1⃣ 〔副〕 時をあまりおかない物事が行なわれるさま。

咄本蝶夫婦(1777)足留の盃「あれ程にいいなんした物が、直(ヂキ)にきげんが直って」

青年(1910‐11)〈森鴎外〉四「もう直(ヂキ)に帰って参りませう」

2⃣ 〔形動〕 ⇒じき(直)(二)

[補注]現代語では、「すぐに」が即刻直接気分が強いのに対して、「じきに」は、特に時間場合ある程度余裕がある。その違いは「がすぐに効いてくる」と「がじきに効いてくる」でわかる。ただし、地方により語感の差がある。


直に

読み方:じきに、ちょくに、なおに、ただに

形容動詞「直だ」の連用形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

じきに

[多]=時期に=機が熟し適切な機会に、 ・「じきに結婚できるよ」

じきに

甲州弁意味用例
じきに直ぐにじきにに来る(直ぐに来る)

じき(に)

大阪弁 訳語 解説
じき(に) すぐ(に) 直。短い時間の意。「そのうち」のニュアンスが強い。お湯じきに沸くで、あいつはじき来るやろ、過ごしやすなるのももうじきやで、など。すぐに持ってこい、など、「じき」に置き換えられないものは「すぐ」を使う。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「じきに」の関連用語

じきにのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



じきにのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
あがつま語☆実用会話講座あがつま語☆実用会話講座
Copyright (C) 2021 あがつま語☆実用会話講座 All rights reserved.
うっち~の甲州弁研究所うっち~の甲州弁研究所
Copyright(c) うっち ~の甲州弁研究所 All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS