くじゅう四季の草原、野焼きのかおりとは?

Weblio 辞書 > 文化 > かおり風景100選 > くじゅう四季の草原、野焼きのかおりの意味・解説 

くじゅう四季の草原、野焼きのかおり

阿蘇くじゅう国立公園中に位置し、ミヤマキリシマをはじめ、四季折々の花々や草木香りが漂い、山群をわたる風のかおりが魅力的である。また牧草干し草のかおりも、秋の高原風情を醸し出している。また、湿地湿原多く希少な植物生育しており、自然の宝庫となっている。自然公園法による保護のほか、久住町では「地球にやさしいむら」として環境保全を進め、地域全体環境を守る取組を進めている。
 
所在地 大分県久住町九重町
かおりの源 ミヤマキリシマ始めとする四季の花々、草原
季節 春から秋

くじゅう四季の草原、野焼きのかおり



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「くじゅう四季の草原、野焼きのかおり」の関連用語

くじゅう四季の草原、野焼きのかおりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



くじゅう四季の草原、野焼きのかおりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.

©2019 Weblio RSS