きゅーちとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 核融合用語 > きゅーちの意味・解説 

Q値

読み方:きゅーち

核融合炉において,投入パワー対す出力パワーの比をQ値という。これが大きいほど効率がよい。例え自動車エンジンでは,ガソリン爆発させてエンジンを動かすために,スパーク火花)が必要である。この時,投入パワースパークのための電気エネルギーである。核融合炉では,エンジン出力パワーに対応するのは,核融合出力であり,投入パワーに対応するのは,追加熱電流駆動中性粒子ビーム高周波)である。現在の大型実験装置でのQ値は,1程度であり,核融合パワー投入パワー同程度である。将来核融合炉ではQ値は10上である必要がある


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きゅーち」の関連用語

1
54% |||||

きゅーちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



きゅーちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
核融合エネルギーフォーラム核融合エネルギーフォーラム
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency, All rights reserved.

©2019 Weblio RSS