あがたとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > あがたの意味・解説 

亜型

読み方:あけい・あがた

亜種となるような型のこと。派生的なであること。サブタイプ

あ‐がた【亜型】


あがた【県】

大化の改新以前諸国にあった大和政権地方組織また、県主(あがたぬし)が統治した地域とも。

平安時代国司任国また、その国司

地方。いなか。

田面(たづら)なるわら屋軒の簾(こもすだれ)これや—のしるしなるらん」〈夫木・三〇


県 (あがた)

古墳時代に、畿内[きない]の朝廷ちょうてい]は国造くにのみやつこ]に地方支配させていましたが、それとは別に朝廷直接支配していた土地のことです。県の責任者県主あがたぬし]です。朝廷食料物資納めていました


阿形

読み方
阿形あがた

安形

読み方
安形あがた

読み方
あがた


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

あがたのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あがたのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS