霧島市立陵南中学校 霧島市立陵南中学校の概要

霧島市立陵南中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/15 14:15 UTC 版)

霧島市立陵南中学校
霧島市立陵南中学校
過去の名称 溝辺村立溝辺中学校馬立分校
溝辺村立溝辺中学校玉利分校
溝辺村立玉利中学校
溝辺町立玉利中学校
溝辺町立陵南中学校
国公私立 公立学校
設置者 霧島市
設立年月日 1947年4月1日(分校設置)
1954年4月1日(独立)
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 899-6404
鹿児島県霧島市溝辺町麓1680番地
外部リンク 2013年2月現在なし
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

概要

市町村合併で霧島市が誕生する以前は、溝辺町立陵南中学校であった。現在は1学年2学級で推移している。

校区

  • 陵南小学校 全域

沿革

  • 1947年昭和22年)4月1日 - 溝辺村立溝辺中学校が設置され、同時に玉利小学校に溝辺村立溝辺中学校馬立分校が設置される[1]
  • 1953年昭和28年)5月1日 - 溝辺村立溝辺中学校馬立分校が溝辺村立溝辺中学校玉利分校に改称する[1]
  • 1954年昭和29年)4月1日 - 玉利分校が溝辺中学校から独立し溝辺村立玉利中学校となる[1]
  • 1959年昭和34年)4月1日 - 溝辺村が町制施行し溝辺町となったのに伴い、溝辺町立玉利中学校に改称する。
  • 1982年昭和57年)
    • 3月 - 現在地に移転[2]
    • 4月 - 溝辺町立玉利中学校が溝辺町立陵南中学校に改称[2]
  • 2005年平成17年)11月7日 - 溝辺町が国分市などと新設合併し、霧島市となったのに伴い、霧島市立陵南中学校に改称。

著名な出身者

周辺

関連項目

座標: 北緯31度48分6.7秒 東経130度42分35.0秒


[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『溝辺町郷土史』 p.318 - 溝辺町 1973年
  2. ^ a b 『溝辺町郷土誌 続編1』 p.420 - 溝辺町 1989年


「霧島市立陵南中学校」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「霧島市立陵南中学校」の関連用語

霧島市立陵南中学校のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山椒図目貫

草地酪農

松本 武久

フェリーせっつ

C.C.ブルームーン

後頭骨

アドレス

笹波組





霧島市立陵南中学校のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霧島市立陵南中学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS