縄文語の発見とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 縄文語の発見の意味・解説 

縄文語の発見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/21 15:45 UTC 版)

縄文語の発見(じょうもんごのはっけん)は、小泉保の著書。1998年5月に青土社から発刊された。弥生時代日本列島で話されていた言語のうちの一つが今の日本語につながるという推測に反対し、東北方言琉球方言などの比較により、現代の日本語から縄文時代に話されていた「縄文語」に由来する要素をとりだすことを試みる。




「縄文語の発見」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「縄文語の発見」の関連用語

縄文語の発見のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

重信川

108号車

ヒプシロフォドン・フォクシイ

ビッグスクーター

脱色バインダ舗装

代ならし器

800形

獅子図小柄





縄文語の発見のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの縄文語の発見 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS