二つの相関係数の差の検定のときとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 統計学用語 > 二つの相関係数の差の検定のときの意味・解説 

二つの相関係数の差の検定のとき


 有意水準 α,検出力 1−β で二つ相関係数の差の検定を行うときに必要な標本大きさ求める。
 例えば,相関係数r1r2 くらいであると考えられるとき,この相関係数違い片側検定有意水準 α,検出力(1-β)で検出するのに必要な標本大きさ n の見積もりは,次式で求めることができる。
二つの相関係数の差の検定のとき
 この式で,Zα,Zβ は標準正規分布パーセント点である。 Zα = Z0.05 = 1.6449
Zβ = Z0.20 = 0.8416 など
両側検定場合の n の見積もりは,上の式で Zα / 2 とすればよい。
例:r1 = 0.3,r2=0.4,α = 0.05,β = 0.20 で両側検定のときの n は,
ln(1.3/0.7) = 0.619039208,ln(1.4/0.6) = 0.84729786 ゆえ,
n = [2×(1.96+0.8416)/(0.619039208-0.84729786)]2+3=605.5842171
参考文献 Stephen B. Hulley, Steven R. Cummings:Designing Clinical Research - An Epidemiologic Approach -
木原正博監訳:「医学研究デザイン」,メディカル・サイエンス・インターナショナル





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

二つの相関係数の差の検定のときのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




二つの相関係数の差の検定のときのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2014 統計学用語辞典 All rights reserved.

©2014 Weblio RSS