ハロペリドールとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > ハロペリドールの意味・解説 

ハロペリドール

分子式C21H23ClFNO2
その他の名称:ハロペリドール、Haloperidol、4-[4-(4-Chlorophenyl)-4-hydroxypiperidin-1-yl]-1-(4-fluorophenyl)butan-1-one、セレナーゼ、セレナセ、ハルドール、Serenace、Haldol、R-1625、アロペリジン、セレネルフィ、Aloperidin、Serenase、Serenelfi、4-(p-Chlorophenyl)-1-[3-(p-fluorobenzoyl)propyl]piperidin-4-ol、γ-[4-(p-Chlorophenyl)-4-hydroxypiperidino]-4'-fluorobutyrophenone、4-[4-(4-Chlorophenyl)-4-hydroxy-1-piperidinyl]-1-(4-fluorophenyl)-1-butanone、γ-[4-(4-Chlorophenyl)-4-hydroxy-1-piperidinyl]-4'-fluorobutyrophenone、γ-[4-(4-Chlorophenyl)-4-hydroxypiperidino]-4'-fluorobutyrophenone、4'-Fluoro-γ-[4-(p-chlorophenyl)-4-hydroxypiperidino]butyrophenoneHALO、ハロステン、セレネースリントン、エセックチン、Esextin、スイロリン、Suirolin、ハロジャスト、Halojust、ハロミドール、Halomidol、ヨウペリドール、Youperidol、レモナミン、Lemonamin、Halosten、Linton
体系名:γ-[4-ヒドロキシ-4-(4-クロロフェニル)ピペリジノ]-4'-フルオロブチロフェノン、1-(4-フルオロフェニル)-4-[4-(4-クロロフェニル)-4-ヒドロキシピペリジン-1-イル]-1-ブタノン、4-[4-(4-クロロフェニル)-4-ヒドロキシ-1-ピペリジニル]-1-(4-フルオロフェニル)-1-ブタノン、γ-[4-(4-クロロフェニル)-4-ヒドロキシ-1-ピペリジニル]-4'-フルオロブチロフェノン、γ-[4-(4-クロロフェニル)-4-ヒドロキシピペリジノ]-4'-フルオロブチロフェノン、4'-フルオロ-γ-[4-(p-クロロフェニル)-4-ヒドロキシピペリジノ]ブチロフェノン、4-[4-(4-クロロフェニル)-4-ヒドロキシピペリジン-1-イル]-1-(4-フルオロフェニル)ブタン-1-オン、4-(p-クロロフェニル)-1-[3-(p-フルオロベンゾイル)プロピル]ピペリジン-4-オール、γ-[4-(p-クロロフェニル)-4-ヒドロキシピペリジノ]-4'-フルオロブチロフェノン


ハロペリドール【還元型】

分子式C21H25ClFNO2
その他の名称:4-(p-Chlorophenyl)-1-[4-(p-fluorophenyl)-4-hydroxybutyl]piperidin-4-ol、還元ハロペリドール、Reduced haloperidol、ハロペリドール【還元型】、Haloperidol【reduced】、ジヒドロハロペリドール、Dihydrohaloperidol、4-[4-(4-Chlorophenyl)-4-hydroxypiperidine-1-yl]-1-(4-fluorophenyl)butane-1-ol
体系名:4-(4-クロロフェニル)-1-[4-(4-フルオロフェニル)-4-ヒドロキシブチル]ピペリジン-4-オール、4-[4-(4-クロロフェニル)-4-ヒドロキシ-1-ピペリジニル]-1-(4-フルオロフェニル)-1-ブタノール、1-(4-フルオロフェニル)-4-[4-ヒドロキシ-4-(4-クロロフェニル)ピペリジン-1-イル]ブタン-1-オール、1-(4-フルオロフェニル)-4-[4-ヒドロキシ-4-(4-クロロフェニル)ピペリジノ]-1-ブタノール、4-(4-クロロフェニル)-1-[4-(4-フルオロフェニル)-4-ヒドロキシブチル]-4-ピペリジノール、4-(4-クロロフェニル)-1-[4-ヒドロキシ-4-(4-フルオロフェニル)ブチル]ピペリジン-4-オール、4-(p-クロロフェニル)-1-[4-(p-フルオロフェニル)-4-ヒドロキシブチル]ピペリジン-4-オール、4-[4-(4-クロロフェニル)-4-ヒドロキシピペリジン-1-イル]-1-(4-フルオロフェニル)ブタン-1-オール


ハロペリドール

薬物ハロペリドール
英名haloperidol
化合物名or商品名セレネース
分子式C21H23ClFNO2
分子データ
用途神経抑制(静穏神経興奮作用)
副作用焦燥感食欲不振浮腫など
胎,授乳児への影響安全度
備考精神分裂病に伴う不安,緊張幻覚等を取り除く
融点148~149.4
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1114(経口)
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ハロペリドール

【仮名】はろぺりどーる
原文haloperidol

特定の精神疾患および神経疾患治療に用いられる薬物一部のがん治療によって生じる吐き気嘔吐対す治療薬としても研究されている。制吐薬一種であり、抗精神病薬一種でもある。「haldol」とも呼ばれる

ハロペリドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/16 03:14 UTC 版)

ハロペリドール(英:Haloperidol)は、1957年ベルギーのヤンセン社の薬理学者ポール・ヤンセン(Paul Janssen)が、アンフェタミン(覚せい剤)による運動量昂進に対して拮抗する薬物として発見したブチロフェノン系の抗精神病薬である。抗妄想・幻覚作用などを有する。主に中枢神経のドパミンD2受容体を遮断することで作用する。統合失調症の治療薬として多く用いられているものの一つである。統合失調症以外に、躁うつ病せん妄ジスキネジアハンチントン病トゥレット障害などにも使用される。




[ヘルプ]
  1. ^ ハロペリドールの代謝物HPP+は、σ1受容体を不可逆的に不活性化させる。
  2. ^ NMDA受容体(NR1/NR2B) IC50=2,000nM 作動
  3. ^ Guidance for Industry Estimating the Maximum Safe Starting Dose in Initial Clinical Trials for Therapeutics in Adult Healthy Volunteers (pdf)”. www.fda.gov. アメリカ食品医薬品局en:FDA) (2015年7月). 2016年5月9日閲覧。
  4. ^ マウス用量(mg/kg)をヒト用量(mg/kg)へヒト等価用量 (HED換算するには 12.3 で除算か 0.08 で乗算。
  5. ^ 年齢別体格測定の結果(身長、体重、座高) (xlsx)”. www.e-stat.go.jp. 総務省統計局 (2015年10月11日). 2016年6月2日閲覧。
  6. ^ 添付文書(2014年12月改訂 第18版) 日本薬局方 ハロペリドール錠(セレネース®錠) (pdf)”. www.pmda.go.jp. 大日本住友製薬株式会社 (2014年12月). 2016年5月9日閲覧。
  7. ^ The Influence of Chronic Exposure to Antipsychotic Medications on Brain Size before and after Tissue Fixation: A Comparison of Haloperidol and Olanzapine in Macaque Monkeys (2005)


「ハロペリドール」の続きの解説一覧





ハロペリドールと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハロペリドール」の関連用語

ハロペリドールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

グリーンイグアナ

ミサキヤドカリ

misora

屈折放水塔車

アドバンスたたみ

輸送用エアクッション艇 LCAC

WS003SH

八重紅大島





ハロペリドールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハロペリドール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS