デジャブとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > デジャブの意味・解説 

既視感

読み方:きしかん
別表記:デジャヴュ、デジャブ、デジャヴデジャビュ

未体験事柄であるはずが、過去どこかで体験したことがあるかのような感覚覚えること。これに対して見慣れている筈の物事初め体験したものあるかのように感じられることを「ジャメヴュ」(未視感)などという。

既視感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/10 17:28 UTC 版)

(デジャブ から転送)

既視感(きしかん)は、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じることである。デジャヴュ: déjà-vu:英語 already seen「既に見た」の意味)、デジャヴ、またはデジャブ(英語を経由した発音)などとも呼ばれる。


  1. ^ a b 楠見 孝「類似性に基づく記憶の自己組織化 - アナロジー,メタファ,デジャビュ -」1996年『シンポジウム「知識の自己組織化」』


「既視感」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

デジャブに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デジャブ」の関連用語

デジャブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




デジャブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2014 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの既視感 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS