ぞうり編機とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > ぞうり編機の意味・解説 

ぞうり編機 (ぞうりあみき)

ぞうり編機 草履、わらじを造るとき、縦縄をかける台として利用した。3本の突起のうち、2本づつに細縄を掛けて、4本の縦縄をつくる。縦縄に打した交互通し両側折り曲げ、これを繰り返して編んでゆく。最後に、縦縄を引き締め両端を丸くして形をつくる。農家は、雨の日の手仕事として、ぞうり・わらじ、牛のぞうりを編んだ。明治時代から昭和20年頃まで使用した。木版先端に、長さ5.5cmの突起3本を立て、2本づつに縦縄を掛ける木板長さ55cm、幅11~27cm、重さ2kgである。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ぞうり編機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

田植定規

肥料桶

かんじき

豆玉ケズリ

牛車

螺旋水車

唐鋤

座繰器





ぞうり編機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2017 Weblio RSS