電力 歴史

電力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/26 00:27 UTC 版)

歴史

電力利用の歴史

初期の電力の装置として摩擦電気を集める静電発電機があり、電圧は高かったものの、容量的には極めて小さいものだった[33]。19世紀中頃には電池が発明され放電灯に利用された[33]。さらに電磁気学の進展により、1870年頃から直流発電機、1880年頃から交流発電機が実用化された[33]

最初の電力会社、トーマス・エジソンの会社が設立したPearl Street Station直流方式で送電し一時期はそれが標準となっていたが、ニコラ・テスラやジョージ・ウェスティングハウスは交流送電を推し、両陣営間で激しい対立が起き、結果として交流送電方式が普及し(そのいきさつや理由については「電流戦争」の記事で詳説)、現代の電力会社は一般的には電力を三相交流で供給しており、電圧としては高圧電力・低圧電力の両方を販売している。電力会社の業界を電力業界という。

電気エネルギーシステム

電気エネルギーの発電、送電、配電さらに最終需要家までの設備と運用制御を総称して電気エネルギーシステムという[34]

1990年代から、欧米を中心として、世界中の多くの国や地域において、電力の自由化が積極的に進められている[35]

欧州の各国の電力事業は、各国それぞれの歴史を持っている[36]。かつてはひとつの国にひとつの電力事業業者、という形が一般的であったが[36]、1999年に欧州電力市場では市場の自由化が導入され、各国でいくつもの電力事業業者が活動するようになった[36]。欧州のなかでも、いちはやく自由化された電力市場を整備したのは英国であった[36]

英国ではかつて英国電力公社が英国全体に電力を供給しており、発電も送電も全て行っていた[36]。1990年にその英国電力公社が民営化され、その時に、同時に発電事業と送電事業の分離が行われ、消費者に電力を供給する配電事業にはいくつもの電力供給事業者が参加できるようになった[36]。消費者は、(ちょうど、携帯電話の通信サービスを比較して決められるように)電力の価格などを比較して、自分が利用する電力供給事業者を選択できるようになった[36](なお送電に関しては、英国ではもともとひとつの電気事業者が全国の電力供給を管理していたため、結果として、高圧送電系統はナショナルグリッド1社が送電系統管理事業者として運用する方式を採用した[36]。)。このようにして英国では、発電・送電・配電が完全に分離された[36]

現在、欧州各国で行われている電力事業の形態というのは、上記の英国の形態と似たものになっている[36]。つまり、発電と送電が分離されており、送電に関しては送電系統管理事業者が行っている[36]。そして欧州の各国はそれぞれ隣接する国々と高圧電線で結ばれ、日々、電力の輸出・輸入が行われている[36]

グリーン電力とは、風力発電太陽光発電バイオマス発電小規模水力発電 等々、温室効果ガスの排出が少なくて環境への負荷が小さい自然エネルギー再生可能エネルギーによって発電された電力のことである[37]

2000年代に入り、欧州で風力発電の導入がかなり進みはじめてから、発電出力の変動に伴う供給の不安定化の問題への対応策が打たれるようになっており、EUレベルでスマートグリッド化が検討されるようになった[36]

日本では第二次世界大戦前に、電力の供給を独占する体制(電力独占体制)が形成された[38]。日本においても、1995年の電気事業法の改正により、電力自由化に向けての様々な動きが始まった[35]。1995年に制度化されたのはIPP(Independent Power Producer 卸供給事業者)で、IPPが発電した電力を既存の10電力会社が買い取るという仕組みで、IPPが需要家に直接販売するわけではない。だから、電力料金に直接影響を与えるものではなかった[39]

定義と公式

電気回路において電力を供給する装置を電源 (electric source)、電力を消費する装置を負荷 (electrical load)と呼ぶ。

定常電流の電力

直流回路の中でも特に電圧や電流が時間的に変化しない定常電流の回路[注 6]においては、電力は時間にかかわらず

要購読契約)
  • ^ a b c d e f g h i 日本における蓄電池システムとしての揚水発電のポテンシャルとコスト” (PDF). 低炭素社会実現に向けた政策立案のための提案書. 科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター. 2022年12月23日閲覧。
  • ^ [2]
  • ^ トヨタ、「ポータブル水素カートリッジ」開発”. インプレス. 2022年12月23日閲覧。
  • ^ 三宅 淳巳「水素の爆発と安全性」(PDF)『水素エネルギーシステム』第22巻第2号、1997年、9–17、2022年12月23日閲覧 
  • ^ 資源エネルギー庁 燃料電池推進室 (2014年4月14日). “水素の製造、輸送・貯蔵について”. 2022年12月23日閲覧。
  • ^ Polar Night Energy. “The First Commercial Sand-based Thermal Energy Storage in the World Is in Operation – BBC News Visited Polar Night Energy” (英語). 2022年12月23日閲覧。
  • ^ 世界初の商用「砂電池」がフィンランドでエネルギー貯蔵を開始”. Gigazine (2022年7月8日). 2022年12月23日閲覧。「フィンランドで世界初の「砂電池」による熱エネルギー貯蔵が開始 – 蓄えたエネルギーで地域暖房が可能に」
  • ^ スカイツリーは地下もすごかった 工場のような熱供給システムを見てきた”. ITmedia. 2022年12月23日閲覧。
  • ^ 熱供給事業の導入事例 - 赤坂・六本木アークヒルズ”. 日本熱供給事業組合. 2022年12月23日閲覧。
  • ^ 熱の活用で電力使用量が半分以下に、「超省エネ自販機」を全国展開へ”. スマートジャパン. ITmedia (2013年3月18日). 2022年12月23日閲覧。
  • ^ 秀俊, 藤井; 秀昭, 佐藤; 潤一郎, 粕谷; 梨奈, 小坂; 浩一, 中曽; 潤, 深井 (2018). “CO2 ヒートポンプ飲料自動販売機における潜熱蓄熱槽の利用”. 日本冷凍空調学会論文集 35 (1): 35. doi:10.11322/tjsrae.17-56. https://www.jstage.jst.go.jp/article/tjsrae/35/1/35_17-56/_article/-char/ja/. 
  • ^ デマンド料金制とは”. 関西電気保安協会. 2022年12月23日閲覧。 “電気料金抑制のためには、最大需要電力(デマンド値)を下げる工夫が必要となります。”
  • ^ [=ba_system 納入事例集 - 物件詳細: 本田技研工業株式会社 鈴鹿物流センター]”. パナソニック. 2022年12月23日閲覧。
  • ^ 例としてパナソニックの本田技研工業株式会社 鈴鹿物流センターへの納入事例集を挙げる[24]
  • ^ 【2017年スタート!】ネガワット取引とは?取引の流れとメリット、注意点をご紹介します。”. エバーグリーン・リテイリング. 2022年12月23日閲覧。
  • ^ STATISTA, Net consumption of electricity worldwide in select years from 1980 to 2018
  • ^ a b c http://www.yonden.co.jp/life/kids/museum/energy/world/005.html
  • ^ a b c 1 人あたりの電力消費量 別のランキング”. Google. 2021年6月5日閲覧。
  • ^ 自然と調和するエネルギー利用:日本でも地熱の活用を”. 自然エネルギー財団. 2021年6月5日閲覧。
  • ^ 資源エネルギー庁「省エネ 性能カタログ 2013年夏版
  • ^ 資源エネルギー庁作成の節電に関するパンフレット
  • ^ a b c d 八坂保能編著『電気エネルギー工学 新装版 発電から送配電まで』森北出版、2017年、9頁。 
  • ^ 八坂保能編著『電気エネルギー工学 新装版 発電から送配電まで』森北出版、2017年、119頁。 
  • ^ a b 『電力自由化の経済学』はしがき
  • ^ a b c d e f g h i j k l m 『よくわかる最新スマートグリッドの基本と仕組み』6章-1 pp.134-135
  • ^ 『図解入門ビジネス最新温暖化対策の基本と仕組みがよーくわかる本』p.78
  • ^ 渡哲郎『戦前期のわが国電力独占体』
  • ^ 吉松崇「電力会社が原発に固執するのは何故か」(『世界』岩波書店 第824号 2011年12月 292ページ)
  • ^ 安岡(2012) p.23
  • ^ 安岡(2012) p.28
  • ^ https://www.infineon.com/dgdl/an-1173.pdf?fileId=5546d462533600a40153559ad4eb1143
  • ^ https://industrial.panasonic.com/jp/ss/technical/b2
  • ^ https://catalog.clubapc.jp/pdf/wp/SADE-5TNQZ5_R0_JA.pdf
  • ^ 電気設備に高調波が及ぼす影響”. 一般財団法人省エネルギーセンター. 2009年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月21日閲覧。
  • ^ 電気の安定供給のキーワード「電力需給バランス」とは?ゲームで体験してみよう”. 資源エネルギー庁 (2019年8月6日). 2022年7月7日閲覧。






  • 電力と同じ種類の言葉


    英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
    英語⇒日本語日本語⇒英語
      

    「電力」に関係したコラム

    • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

      株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

    • CFDで取り扱う株式の一覧

      CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

    • ETFを上場している企業の一覧

      ETFを上場するには、証券取引所の定める上場審査基準や適時開示基準、上場廃止基準といったさまざまな基準をクリアする必要があります。2012年9月現在、ETFを上場している企業は17社あります。上のグラ...

    • CFDのプラチナ相場の見方

      世界のプラチナ(白金)の年間採掘量は200トン前後です。金の年間採掘産量が4000トンなので、プラチナは金の約20分の1の量しか採掘されていません。下の図は、プラチナの生産量をグラフに表したものです。

    • ETFの銘柄一覧

      ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

    • ETFを始めるための最低資金は

      ETFを始めるための最低資金はいくらでしょうか。ETFの取引では売買代金に加えて取引手数料などの費用がかかるため、最低資金は次の計算式で求めることができます。資金=売買代金+取引手数料+その他費用売買...

    辞書ショートカット

    すべての辞書の索引

    「電力」の関連用語

    1
    90% |||||

    2
    90% |||||



    5
    76% |||||


    7
    70% |||||


    9
    70% |||||


    電力のお隣キーワード
    検索ランキング

       

    英語⇒日本語
    日本語⇒英語
       



    電力のページの著作権
    Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

       
    ウィキペディアウィキペディア
    All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
    この記事は、ウィキペディアの電力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

    ©2024 GRAS Group, Inc.RSS