結婚 結婚の歴史

結婚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 06:23 UTC 版)

結婚の歴史

西欧における結婚史

西方教会の教会法はローマ法を承継して婚姻は契約によって成立するとしていたが(合意主義)、サクラメント(秘蹟)の教義の下、西欧では結婚には男女が教会においてサクラメントを受けることを要するとする宗教婚主義が支配的となったとされる[32]

しかし、宗教改革による婚姻還俗運動の下で法律婚主義が登場すると、絶対王政の台頭とカトリック教会の凋落の中で、秘蹟と契約の分離する民事婚思想が広まることとなり法律婚主義が次第に拡大していったとされる[33]

日本における結婚史


日本法における結婚

婚姻は終生にわたる共同での生活を目的とする典型的な身分行為であり、財産法上の契約関係のような特定の目的を達成する限度でのみ認められる結合とは異なる全人格的結合であるとされる[34]。そのため婚姻は代理に親しまない行為であり、また、条件期限の親しまない行為とされる[35]

民法についてこの節では、条数のみ記載する。

婚姻の成立

婚姻の成立要件

日本法(民法)は、婚姻の成立に法律上の手続を要求する法律婚主義を採用している(739条)。実質的要件として当事者の婚姻意思の合致及び婚姻障害事由の不存在が必要とされる。また、形式的要件として戸籍法に基づく届出が必要とされる。

婚姻意思の合致

婚姻には、まず実質的要件として婚姻意思の合致が必要である[36]日本国憲法第24条1項は「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」と規定する。

「婚姻意思」とは何かという点については、婚姻という身分行為に必要な届出をなす意思であるとする形式的意思説もあるが、通説は婚姻届出を出す意思を有するとともに社会通念に従って夫婦と認められる生活共同体を創設しようとする意思をいうとしている(実質的意思説、実体的意思説)[36]。婚姻意思が存在しない場合(婚姻意思の欠缺)の婚姻は無効である(742条1号)。

なお、成年被後見人が婚姻をするには、その成年後見人の同意を要しない(738条)。

婚姻障害事由の不存在

婚姻には民法に規定される婚姻障害事由(731条から737条)が存在しないことが必要である。婚姻障害事由のうち、民法731条から736条までの規定に違反した婚姻は「不適法な婚姻」として、法定の手続に従って取り消しうる(744条)が、737条違反については誤って受理されると、もはや取り消し得ない(後述)。

  • 婚姻適齢
日本における婚姻適齢は、男性は18歳以上、女性は16歳以上である(731条)。
婚姻適齢に達しない場合は婚姻障害事由となり、744条により取り消しうる(不適齢者の取消しについては745条に定めがある)。ただし、実際には当事者が婚姻適齢に達しているか否かは、戸籍の記載から明らかであるので、誤って届出が受理された場合や戸籍上の生年月日が誤って記載されていた場合などに成立するにすぎない[37]
日本では婚姻適齢につき男女間で2歳の差があり、これは女性のほうが成熟が早く、統計的に平均初婚年齢が女性のほうが若い点などを考慮したものとされるが、これが現代においても合理的と評価できるかは疑問とされる[38]。婚姻適齢につき「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日法務省法制審議会総会決定)では、男女ともに満18歳とすべきとしており、2009年7月の法制審議会の部会は、男女ともに18歳に統一すべきとの最終答申が報告された。
婚姻適齢に達した未成年者は婚姻できるが、未成年者の婚姻には父母の同意が必要である(737条)。未成年者は婚姻により私法上において成年者として扱われる(753条)。通説によれば、この成年擬制の効果は年齢20歳に達する前に婚姻を解消した場合であっても失われないとされているので、初婚の解消後に再婚する場合には親の同意は必要とされない[39][40]
なお、未成年者の婚約については、未成年者(婚姻適正年齢外)であるからといって結婚をする約束(婚約)は無効にはならないという判例(大判大8・4・23民録25輯693頁)もあるため、高校生同士が結婚の約束をしていたことが証明されるに至った場合には、法的効力をもつ婚約となることがありうる[41]
2018年平成30年)6月13日成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる改正民法第196回国会で成立した。この中には、女性が結婚できる年齢を現行の16歳から18歳に引き上げる内容も盛り込まれ、男性と統一された。これにより、2022年令和4年)4月1日から、日本では結婚できるのは「成人」のみとなり、親の同意は不要となる[42][43][注 3]
  • 重婚の禁止
配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない(732条)。一夫一婦制をとり多婚制を否認する趣旨である[41]。本条は実質上の一夫一婦制をも志向するものではあるが、732条の「配偶者」は法律上の配偶者を意味し内縁など事実上の婚姻を含まない[44][45]
重婚が生じる場合としては、
  1. 誤って二重に届出が受理された場合
  2. 後婚の成立後に前婚の離婚が無効あるいは取り消された場合
  3. 失踪宣告を受けた者の配偶者が再婚した後に失踪宣告が取り消された場合
  4. 認定死亡あるいは戦死公報による婚姻解消ののち残存配偶者が再婚した後に前の配偶者が生還した場合
  5. 失踪宣告を受けた者が実は生存していて他所で婚姻した後に失踪宣告が取り消された場合
  6. 内地と外地とでそれぞれ婚姻した場合
があるとされる[46]。失踪宣告の取消しなどにおける善意再婚者(重婚の事実を知らなかった者)の保護については問題となる[41](失踪宣告の取消しの場合について多数説は民法32条1項準用により後婚の当事者が善意であれば前婚は復活せず重婚は生じないとする[47]失踪宣告も参照)。
重婚を生じた場合、後婚については本条により取消原因となるほか、前婚については離婚原因(770条1項1号・5号など)となる[48]。なお、悪意(故意)による重婚は重婚罪刑法184条)を構成し処罰される(相婚者も同様に処罰される)[49]
女性は前婚の解消または取消しの日から100日を経過した後でなければ、再婚をすることができない(733条1項)。この期間は再婚期限、待婚期間、寡居期間とも呼ばれる[50][51]。女性が再婚する場合において生まれた子の父性の推定が重複して前婚の子か後婚の子か不明になることを防ぐ趣旨である(最判平7・12・5判時1563号83頁)[52][51]
かつて、再婚期間は6か月とされていたが、「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日法制審議会総会決定)では6か月から100日に短縮すべきとしていた。2015年(平成27年)12月16日最高裁判所大法廷判決は、同項が100日を超えて再婚禁止期間を定めていることについて憲法14条1項、24条2項に違反すると判示。違憲判決を受けて離婚後100日を経過した女性については婚姻届を受理する法務省通知が出され、2016年6月1日に民法の一部を改正する法律案が国会で可決成立し条文上も100日となった[53]
本条の趣旨から、父性の推定の重複という問題を生じない場合には733条1項の適用は排除される[54][51]。女性が前婚の解消または取消しの後に出産した場合には1項の適用はなく、さらに2016年の改正により女性が前婚の解消または取消しの時に懐胎していなかった場合にも医師の証明書があれば再婚禁止期間中でも婚姻届は受理されることとなった(733条2項)[53]
再婚禁止期間についてはDNA鑑定等による父子関係の証明方法もあることから、本条の合理性そのものを疑問視する733条廃止論もある[52]。ただし、772条をそのままにして本条を廃止すると父性推定が重複する場合には判決や審判によって父が確定されるまで法律上の父が未定という扱いになるとして、再婚禁止期間を廃止する場合には一定の立法上の措置が必要との論もある[55]。なお、2016年の民法改正においても改正法の施行から3年後をめどに制度の見直しを検討することが付則に盛り込まれている[53]
  • 近親者間の婚姻の禁止
    優生学上また倫理上・道義上の見地から一定の親族間での婚姻は認められない[52][56][57][58]
    • 直系血族又は三親等内の傍系血族の間の婚姻の禁止
    直系血族の間では婚姻をすることができない(734条本文)。非嫡出子は父からの認知がない限り法律上の父子関係を生じないが、その関係上、父と未認知の娘との間の婚姻については、認知がない以上は法律上の親子関係にないため本条の適用余地はないとする説(法律的血縁説)[56]と実質的な直系血族である以上は婚姻は認められないとする説(自然血縁説)[52]が対立する。なお、養子縁組前に養子が出生した子と養親とは親族関係にないため(判例として大判昭7・5・11民集11巻1062頁)、本条の適用はない[59]
    三親等内の傍系血族の間についても婚姻をすることはできない(734条本文)。
    ただし、養子と養方の傍系血族との間の婚姻は許される(734条但書)。養子の実子と養親の実子の間の婚姻については学説に対立がある[60]
    • 直系姻族間の婚姻の禁止
    直系姻族の間では婚姻をすることができない(735条前段)。728条又は817条の9による直系姻族関係終了後も同様とされる(735条後段)。
    • 養親子等の間の婚姻の禁止
    養子若しくはその配偶者又は養子の直系卑属若しくはその配偶者と養親又はその直系尊属との間では、729条の規定により親族関係が終了した後でも、婚姻をすることができない(736条)。養子またはその縁組後に出生した直系卑属と養親またはその直系尊属の配偶者との間(婚姻していた当事者にあっては婚姻が解消されている場合に限る)においては離縁後においても婚姻が禁止されるか否かについて学説には対立があるが、実務は婚姻障害にあたらないとする(昭28・12・25民事甲2461号回答)[61][62][57][63]
  • 未成年者の婚姻についての父母の同意
未成年の子が婚姻をするには、父母の同意を得なければならない(737条1項)。父母の一方が同意しないとき、父母の一方が知れないとき、死亡したとき、又はその意思を表示することができないときは他の一方の同意だけで足りる(737条2項)。
親権を辞任・喪失している父母の同意権については学説に対立があるが、父母の同意は親権と無関係であるとして実務は同意権を有するものとしている(昭33・7・7民事甲1361号回答、昭24・11・11民事甲2631号回答)[61][64]。また、実父母と養父母とがいる場合に実父母の同意が必要か不要かをめぐっても学説に対立があるが、実務は養父母のみを同意権者とする(昭24・11・11民事甲2641号回答)[65][66][36]
父母の同意がない場合には婚姻障害事由に該当することとなり婚姻届は受理されないが、婚姻障害事由のうち本条違反は取消原因として挙げられていないため(744条)、誤って受理されるともはや取り消し得ず有効な婚姻となる(通説・判例)[67][68]。したがって、この父母の同意は厳密には婚姻成立要件ではなく届出受理要件ということになる(最判昭30・4・5裁判集民18巻61頁)[41][67]
本条については解釈上の問題点も多く、立法論としては法定代理人の同意とすべきとの案、同意に代わる家庭裁判所の審判も認めるべきとの案、本条そのものについて削除すべきとする案などがある[36]
戸籍法に基づく届出

婚姻には形式的要件として戸籍法に基づく届出(婚姻届)が必要である(739条2項)。これは婚姻の効力を第三者にも及ぼすためである。この届出については当事者間の合意で婚姻は成立しておりその効力発生要件にすぎないとする説と届出がない以上は婚姻は成立しないのであるから婚姻の成立要件であるとする説(通説)などがある[69][70]。婚姻届は当事者の本籍地又は届出人の所在地でこれをしなければならない(戸籍法25条1項)。

婚姻の届出は731条から737条まで及び739条2項の規定その他の法令の規定に違反しないことを認めた後でなければ受理することができない(740条)。なお、外国に在る日本人間で婚姻をしようとするときは、その国に駐在する日本の大使公使又は領事にその届出をすることができる(740条前段)。

婚姻は戸籍事務の担当者が届出を受理した時点で成立する(大判昭16・7・29民集20巻1019頁)。婚姻の届出をしない場合には婚姻届出の欠缺(けんけつ)として婚姻は無効である(742条2号本文)。ただし、その届出が739条2項に定める方式を欠くだけであるときは、婚姻はそのためにその効力を妨げられない(742条2号但書)。

2004年7月16日に「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」が施行、これにともない戸籍法も一部改正した。特例法の定める要件を満たす性同一性障害者は家庭裁判所で性別の変更の審判を請求することができ、戸籍上の性別の変更が可能となった。戸籍上の性別にしたがい、その男女の婚姻届は受理される。

婚姻の無効と取消し

婚姻の無効

婚姻意思の欠缺や婚姻届出の欠缺は婚姻の無効原因であり、また、婚姻の無効原因はこの二つに限られる(742条)。

婚姻の取消し

民法731条から736条までの規定に違反した婚姻(744条)、また、詐欺または強迫による婚姻(747条)は法定の手続に従って取り消しうる。これらは取消しであるから取り消されるまでは当該婚姻は一応は有効とされる。また、婚姻の取消しの効力には遡及効はなく、将来に向かってのみ効力を生ずる(748条1項)。

婚姻の効力

夫婦同氏の規定

夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する(750条)。婚姻後に夫婦が称する氏については、届書に記載して届け出なければならない(戸籍法74条1号)。偶然にも同一の氏である場合にも同様である(769条の場合に法的な意味を有することになる)[57]。当事者の婚姻前の氏とは関係のない第三者の氏とすることは許されない[71][72]。なお、明治民法が制定されるまでの初期の明治時代では1876年(明治9年)3月の太政官指令により、妻は生家の姓「所生ノ氏」(実家の氏)を用いること(夫婦別氏)とされていた(明治9年3月17日太政官指令15号[73][74]。しかしながら、上記の指令にもかかわらず、妻が夫の姓(氏)を称することが慣習化していったといわれている[74]

夫婦の氏につき「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日法制審議会総会決定)では、夫婦は婚姻の際に定めるところに従い夫もしくは妻の氏を称しまたは各自の婚姻前の氏を称するものとし、夫婦が各自婚姻前の氏を称する旨の定めをするときは、夫婦は婚姻の際に夫または妻の氏を子が称する氏として定めなければならないものとしており、選択的夫婦別姓制度の導入、導入する場合の子の氏等についての議論がなされている。2015年(平成27年)12月16日最高裁大法廷判決は、婚姻に際し夫婦同氏のみを認める民法750条の規定について憲法13条、14条1項、24条に違反しないと判示している。

なお、日本の戸籍実務においては日本人が外国人と結婚する場合については夫婦同氏の規定の適用はないとしている(昭和20年4月30日民事甲899号回答、昭和42年3月27日民事甲365号回答)[73][75]。この点に関して戸籍法は外国人と婚姻をした者がその氏を配偶者の称している氏に変更しようとするときは、その者は、その婚姻の日から6か月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないで、その旨を届け出ることができるとしている(戸籍法第107条第2項)。

同居・協力・扶助義務

夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない(752条)。これは婚姻の本質的義務で身分的効果の中核をなすとされる[76][77]。正当な理由なく同居しない配偶者に対して他方の配偶者は同居するよう請求しうる[78]。ただし、同居の審判があっても本人の意思に反する強制履行はできないとされている(通説・判例。判例として大決昭5・9・30民集9巻926頁)[41][79][77]。また、婚姻関係が完全に破綻している場合には同居の請求は認められない(大阪高判昭35・1・14家月12巻4号95頁)[80]

正当な理由のない同居・協力・扶助義務の不履行は「悪意の遺棄」として離婚原因となる(770条1項2号)[78]

病気による入院、出稼ぎや単身赴任、家庭内暴力など同居が困難な事情があると認められる場合には同居義務違反とはならず、やむをえず別居している配偶者に対して同居請求権を行使することは権利の濫用にほかならない(通説)[81][77]

貞操義務

夫婦は貞操義務(守操義務)を負う(通説・判例。大決大15・7・20刑集5巻318頁)[72][82]。民法上には直接的な明文の規定はないが、婚姻の本質からみて当然の義務であると解されており、不貞行為は離婚原因となる(770条1項1号)[78][83][84]

  • 夫婦間の不法行為責任
他方配偶者は不法行為責任(損害賠償責任)を追及しうる(通説・判例。大決大15・7・20刑集5巻318頁)[83][85]
  • 第三者の不法行為責任
相手方たる第三者は共同不法行為者となり(大刑判昭2・5・17新聞2692号6頁)、その第三者に故意・過失がある限り、他方配偶者はその第三者に対しても慰謝料請求しうる(通説・判例。大刑判明36・10・1刑録9輯1425頁、最判昭54・3・30民集33巻2号303頁)[7][83][85]。ただし、判例は夫婦関係がすでに破綻していた場合の第三者の不法行為責任を否定する(最判平8・3・26民集50巻4号993頁)。なお、夫婦間の未成年の子からの第三者への損害賠償請求は否定される(最判昭54・3・30民集33巻2号303頁)。

婚姻による成年擬制

未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなされる(753条)。スイス民法フランス民法にも同旨の規定があり、これらの規定は婚姻した未成年者が親権や後見に服するとすることは夫婦生活を阻害し法的関係に混乱を来すなど弊害を生じるためとされる[86][87]

成年擬制の効果は原則として私法領域に限られ、それ以外の法分野における成年擬制の効果は各法の趣旨によって定められるが、少年法・公職選挙法未成年者飲酒禁止法未成年者喫煙禁止法など公法領域については原則として成年擬制の効果は及ばないとされる[88][40][89][90]

通説によれば未成年者が離婚した場合にも成年擬制の効果は失われず制限行為能力者に復帰するわけではない(成年擬制存続説)[39][40]。婚姻の取消しの場合にも不適齢婚による場合を除いて制限行為能力者には復帰しない(通説・実務)[91][90]

夫婦契約取消権

夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる。ただし、第三者の権利を害することはできない(754条)。

夫婦関係が実質的に破綻している場合には、形式的には婚姻関係にあっても本条にいう「婚姻中」とはいえず夫婦契約取消権を行使することはできない(最判昭33・3・6民集12巻3号414頁、最判昭42・2・2民集21巻1号88頁)。

本条の妥当性については疑問視する見解が多い[92][93]。そもそも本条は沿革的にはローマ法に由来するもので夫から妻への家産の流失を防ぐといった趣旨があったとされるが、このような立法理由は今日では妥当でない[91][92]。また、契約取消権の濫用が問題化したこともあって判例はその行使を厳しく制限しており契約取消権は実質的な意義を失っているとされる[94]。このようなことから「民法の一部を改正する法律案要綱」(平成8年2月26日法制審議会総会決定)では民法754条の規定は削除すべきとしており現在議論がなされている。

夫婦財産制

婚姻によって夫婦間に生じる財産関係すなわち夫婦間の費用の負担、財産の帰属、管理収益権などを規律する制度[95]

日本の民法は756条以下により、まず、婚姻の届出前に契約によって定めることを認め(契約財産制)、契約がない場合に法定財産制に従うものとしている(755条[96]

契約財産制

契約財産制とは夫婦財産契約に基づく財産関係である。夫婦財産契約は単なる夫婦間の契約ではなく登記によって第三者への対抗力を有する法律関係を生じる[96]。夫婦財産契約とは夫婦が婚姻の届出前にその財産関係についてなす契約であり、夫婦財産契約を定めた場合には法定財産制の適用はない(755条反対解釈)。ただし、日本ではこのような慣習がなく民法の定める制度も厳格なこともあって夫婦財産契約が締結される例は極めて少ないとされ、ほとんどの夫婦財産制は法定財産制によっている[97][96][98]

夫婦が法定財産制と異なる契約をしたときは、婚姻の届出までにその登記をしなければ、これを夫婦の承継人及び第三者に対抗することができない(756条)。夫婦の財産関係は、婚姻の届出後は、変更することができない(758条1項)。

夫婦の一方が、他の一方の財産を管理する場合において、管理が失当であったことによってその財産を危うくしたときは、他の一方は、自らその管理をすることを家庭裁判所に請求することができる(758条2項)。共有財産については、前項の請求とともに、その分割を請求することができる(758条3項)。

家庭裁判所の審判又は契約中に予め定められた規定により、財産の管理者を変更し、又は共有財産の分割をしたときは、その登記をしなければ、これを夫婦の承継人及び第三者に対抗することができない(759条[99]

法定財産制
  • 婚姻費用の分担
夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する(760条)。
  • 日常の家事に関する債務の連帯責任
夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う(761条本文)。ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は責任を免れる(761条但書)。
日常家事とは、夫婦の共同生活体を維持するために必要な費用を言い、たとえば、公共料金や家賃、納税資金調達行為等が該当するが、具体的には、夫婦の収入、資産、職業等によって判断される。不動産など、夫婦の一方の固有財産を売却する行為は日常家事に該当しない(最高裁判決昭和43年7月19日)。日常家事につき表見代理の規定(110条)は直接適用されないが、相手方が、その夫婦にとって日常家事の範囲内の行為であると信じるにつき正当な理由があった場合には、110条の類推により、相手方は保護される(最高裁判決昭和44年12月18日)。
  • 夫婦間における財産の帰属
夫婦の財産については共有とする共有制、各自の所有とする別産制などがある。日本の民法は夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産)とするとして別産制を採用する(762条1項)。夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定される(762条2項)。別産制は憲法24条に違反しない(最大判昭36・9・6民集15巻8号2047頁)。
ただし、別産制をとるときには、夫婦の一方が他方の事業に協力している場合、夫婦の一方が内にあって家事にあたる場合、夫婦間の収入に格差がある場合などに不平等な結果を生じることとなるが、民法は婚姻継続中は家庭内の自律に任せ、婚姻解消時、具体的には相続においては配偶者相続権や寄与分、離婚においては財産分与などの制度によって清算することとしている[100][101]

婚姻の解消

法律上、婚姻関係は夫婦の一方が死亡した場合(夫婦の一方が失踪宣告を受けた場合を含む)及び離婚が成立した場合に解消される[102]

日本の明治民法下での結婚

婚姻の成立要件は、

  • 男は満17年、女は満15年に達したこと、
  • 現に配偶者をもっていないこと、
  • 女は前婚の解消または取消の日から6か月を経過したこと、
  • 姦通によって離婚または刑の宣告を受けたものは相姦者と婚姻ができないこと、
  • 直系血族間、三親等内の傍系血族相互間の婚姻でないこと、
  • 男が満30年、女が満25年に達しない間は家に在る父母の同意を得ること、
  • 家族は戸主の同意を得ること、
  • 市町村長に届出をおこなうこと、

などである。

市町村長に届出をおこなうことという要件を欠くときは婚姻は無効であるが、その他の要件を欠くときは取り消し得べきものとなって、法律所定の者が裁判所に取消の訴を提起することができる(改正前民法780条)。

婚姻の取消はただ将来にむかって婚姻を消滅させるのみで、その効力は過去に遡らないから、婚姻が取り消されてもすでに夫婦の間に生まれた子があれば、依然として嫡出子である。

婚姻の効力は、

  • 夫婦間に配偶者としての親族関係を生じること、
  • 夫婦は互いに同居の義務および扶養の義務をもつこと、
  • 夫(入夫婚姻であれば女戸主)は婚姻中の費用および子女の養育費を負担する義務をもつこと、
  • 配偶者の財産を使用収益する権利をもつこと、
  • 夫は妻の財産を管理すること、
  • 妻が重要な法律行為をするには夫の許可を得なければならないこと、
  • 日常の家事については妻は夫の代理人とみなされること、

などである。

一夫一婦の共諾婚が定められ、かつ婚姻は市町村長に届出ることによって効力を生じるとして、厳格な法律婚主義が採用された。

なお、1875年(明治8年)平民苗字必称義務令が出され、1876年(明治9年)太政官指令(当該機関の内的判断)にて夫の家を相続しない場合に対して「婦女は結婚してもなお所生の氏(婚姻前の氏)を用いること」すなわち一部夫婦別姓を原則と判断した[103]が、指令にもかかわらず、当初から混在しており妻が夫の氏を称することの方が多くなり慣習化していったため、1898年(明治31年)の明治民法制定時に全て夫婦同氏と定められた。


注釈

  1. ^ 住民票で「夫(未届)」「妻(未届)」等の記載をすることが可能である。
  2. ^ これは懲罰的措置ではなく精神的治療に必要な期間とされている
  3. ^ ただし、女子については、2022年令和4年)4月1日から2024年令和6年)3月31日までの期間においては、2006年平成18年)4月1日以前に生まれており(2022年令和4年)4月1日の成人年齢引き下げの際に16歳に達しており)、成人年齢の18歳に達していない者については、親の同意を得て婚姻をすることができる(経過規定)。

出典

  1. ^ 広辞苑 第五版 p.829 結婚
  2. ^ 大辞泉
  3. ^ a b 婚姻(こんいん)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2020年10月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 平凡社『世界大百科事典』vol.10, 【婚姻】pp.607-608 末成道夫 執筆箇所
  5. ^ a b 『文化人類学事典』 弘文堂、1987年1月、246頁
  6. ^ a b c 『ブリタニカ国際大百科事典』 1984、p.53【婚姻 Mariage】
  7. ^ a b 千葉他 2005, p. 16.
  8. ^ a b 青山・有地 1989, pp. 150-.
  9. ^ 日本国語大辞典第二版
  10. ^ 非婚とは
  11. ^ a b 木下 2003, p. 28.
  12. ^ 木下 2003, p. 31.
  13. ^ “母権家族の勧め”
  14. ^ 同性カップルの「事実婚」も婚姻に準じる関係であり法的保護対象となると示す初の高裁判決が下されました”. www.outjapan.co.jp. 2020年10月27日閲覧。
  15. ^ 日本カトリック司教協議会、常任司教委員会、『カトリック教会のカテキズム要約』カトリック中央協議会、2014年2月10日。181頁(346)。
  16. ^ カトリック教会の結婚観 カトリック東京大司教区
  17. ^ 第119回 結婚の秘跡の効果 カテキズムを読もう Laudate 女子パウロ会
  18. ^ 第118回 混宗結婚と異宗結婚 カテキズムを読もう Laudate 女子パウロ会
  19. ^ 日本カトリック司教協議会、常任司教委員会、『カトリック教会のカテキズム要約』カトリック中央協議会、2014年2月10日。182頁(349)。
  20. ^ 中世のキリスト教 II-3 教権と俗権の対立 カトリック中央協議会
  21. ^ 正教会にわくわくの好奇心を抱いておられる方に(結婚式について) - 名古屋ハリストス正教会
  22. ^ a b c d e f g h i j イスラーム法にもとづいた結婚
  23. ^ [1]
  24. ^ ユダヤの力(パワー)―ユダヤ人はなぜ頭がいいのか、なぜ成功するのか! (知的生きかた文庫) 加瀬 英明 著
  25. ^ 二宮周平著 『家族法 第2版』 新世社〈新法学ライブラリ9〉、1999年4月、51-52頁
  26. ^ 我妻 他 1999, p. 50.
  27. ^ 青山・有地 1989, p. 158.
  28. ^ 青山・有地 1989, p. 178.
  29. ^ a b 青山・有地 1989, p. 183.
  30. ^ 千葉他 2005, pp. 42-43.
  31. ^ 千葉他 2005, p. 43.
  32. ^ 青山・有地 1989, pp. 150-151.
  33. ^ 青山・有地 1989, p. 151.
  34. ^ 我妻 他 1999, p. 9.
  35. ^ 我妻 他 1999, p. 9,54-55.
  36. ^ a b c d 千葉他 2005, p. 22.
  37. ^ 青山・有地 1989, p. 194.
  38. ^ 千葉他 2005, p. 18.
  39. ^ a b 我妻 他 1999, pp. 79-80.
  40. ^ a b c 川井 2007, p. 26.
  41. ^ a b c d e 川井 2007, p. 12.
  42. ^ 浦野直樹 (2018年6月13日). “18歳成人、改正民法成立 結婚・契約に保護者同意不要”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASL6D3GBJL6DUTIL012.html 2018年10月1日閲覧。 
  43. ^ 18歳成人案:成立、民法改正 女性の結婚18歳以上 22年4月施行”. 毎日新聞 (2018年6月13日). 2018年10月9日閲覧。
  44. ^ 青山・有地 1989, p. 198.
  45. ^ 我妻 他 1999, p. 61.
  46. ^ 青山・有地 1989, pp. 198-201.
  47. ^ 千葉他 2005, p. 19.
  48. ^ 青山・有地 1989, pp. 202-204.
  49. ^ 青山・有地 1989, p. 201.
  50. ^ 青山・有地 1989, pp. 205-206.
  51. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 62.
  52. ^ a b c d 川井 2007, p. 13.
  53. ^ a b c 女性の再婚禁止、100日に短縮 改正民法が成立」日本経済新聞 2016年6月1日
  54. ^ 青山・有地 1989, p. 207.
  55. ^ 青山・有地 1989, pp. 209-210.
  56. ^ a b 青山・有地 1989, p. 211.
  57. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 63.
  58. ^ 千葉他 2005, pp. 20-21.
  59. ^ 青山・有地 1989, p. 216.
  60. ^ 青山・有地 1989, pp. 217-218.
  61. ^ a b 川井 2007, p. 14.
  62. ^ 青山・有地 1989, pp. 229-230.
  63. ^ 千葉他 2005, p. 21.
  64. ^ 青山・有地 1989, pp. 236-237.
  65. ^ 川井 2007, p. 15.
  66. ^ 青山・有地 1989, p. 237.
  67. ^ a b 青山・有地 1989, p. 236.
  68. ^ 我妻 他 1999, pp. 64-65.
  69. ^ 我妻 他 1999, p. 59.
  70. ^ 千葉他 2005, p. 23.
  71. ^ 青山・有地 1989, p. 352.
  72. ^ a b 我妻 他 1999, p. 77.
  73. ^ a b 青山・有地 1989, p. 348.
  74. ^ a b 竹内豊:日本でも「夫婦別姓」の時があった!~選択的夫婦別姓制度を考えるヒント(Yahoo! JAPAN News、2018年2月26日)
  75. ^ 二宮周平著 『家族と法』 岩波書店〈岩波新書〉、2007年10月、17頁
  76. ^ 青山・有地 1989, p. 358.
  77. ^ a b c 千葉他 2005, p. 37.
  78. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 76.
  79. ^ 青山・有地 1989, pp. 360-361.
  80. ^ 青山・有地 1989, p. 359.
  81. ^ 川井 2007, p. 32.
  82. ^ 青山・有地 1989, p. 362.
  83. ^ a b c 青山・有地 1989, p. 363.
  84. ^ 千葉他 2005, p. 39.
  85. ^ a b 川井 2007, p. 25.
  86. ^ 青山・有地 1989, p. 377.
  87. ^ 我妻 他 1999, p. 79.
  88. ^ 我妻 他 1999, p. 80.
  89. ^ 青山・有地 1989, p. 380.
  90. ^ a b 千葉他 2005, p. 41.
  91. ^ a b 川井 2007, p. 27.
  92. ^ a b 青山・有地 1989, pp. 383-384.
  93. ^ 我妻 他 1999, pp. 80-81.
  94. ^ 千葉他 2005, p. 40.
  95. ^ 我妻 他 1999, p. 81.
  96. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 82.
  97. ^ 川井 2007, p. 28.
  98. ^ 千葉他 2005, pp. 41-42.
  99. ^ 我妻 他 1999, p. 83.
  100. ^ 川井 2007, pp. 32-33.
  101. ^ 我妻 他 1999, p. 85.
  102. ^ 我妻 他 1999, p. 88.
  103. ^ 『法令全書(明治9年)』 内閣官報局1890年、明治8年11月9日の内務省伺 第十五、1453頁。井戸田(2004)、52-3ページ。
  104. ^ 山田昌弘などが指摘している
  105. ^ a b c 白河 2009.
  106. ^ 労働政策研究報告書No.35「若者就業支援の現状と課題―イギリスにおける支援の展開と日本の若者の実態分析から―)」独立行政法人労働政策研究・研修機構
  107. ^ a b 『新平等社会』著:山田昌弘 文藝春秋 2006年9月
  108. ^ 平成22年 社会保障を支える世代に関する意識等調査報告書 厚生労働省
  109. ^ a b c d e f 白河 2009, p. 18.
  110. ^ 白河 2009, p. 19.
  111. ^ セクハラとは?(法!なっとくドットコム)
  112. ^ a b c 「【第28回】社内恋愛の衰退で“結婚氷河期”到来 新たな「お嫁さん候補」は派遣社員?!」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年8月27日付配信
  113. ^ a b 白河 2009, p. 33.
  114. ^ a b 白河 2009, pp. 32-35.
  115. ^ 第Ⅰ部 独身者調査の結果概要:第3章 希望の結婚像
  116. ^ 下流社会』著:三浦展 光文社 2005年9月
  117. ^ 『近代統計制度の国際比較』安本稔編集 2007年12月 日本経済評論社 ISBN 978-4-8188-1966-5
  118. ^ 結婚の没落?…欧州10ヵ国で婚外出産が全新生児数の半分以上”. 東亜日報 (2018年4月19日). 2018年4月20日閲覧。
  119. ^ 遠藤誉「第13回 全国人民代表大会の代表が「姐弟恋」を奨励 〜でも「anego」との恋は命がけ」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年8月8日付配信
  120. ^ a b 「大都市で晩婚化進む、結婚は家と車を購入してから」recordchina、2008年1月18日付配信
  121. ^ 「男性の65%が相手は「25歳〜28歳」を希望」recordchina、2008年2月16日付配信
  122. ^ a b c d e 遠藤誉「第3回 「小鳥」になれないA女たち 有能で美人、でも「釣り合う男性」にはそっぽを向かれる」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年3月14日付配信
  123. ^ 遠藤誉「第6回 欧米人夫妻にもらわれていく中国の女児たち <A女>の出現が女児遺棄を防ぐという皮肉」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月25日付配信
  124. ^ 「「愛よりお城よ」、未婚者の意識調査「結婚は住居を買ってから」が過半数」recordchina、2008年2月21日付配信
  125. ^ 遠藤誉「第5回 <A女>の影に潜む「隠婚族」の女たち 「仕事にマイナスになるから」結婚をひた隠す」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月11日付配信
  126. ^ a b c d 遠藤誉「「第9回 私が出会った<A女>たち (2) 〜「漢民族の男とは結婚したくない!」」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月6日付け配信
  127. ^ a b 「「僕と婚約してくれたら高級車を1台贈呈しよう」 お金持ちが大学内で“花嫁募集”をするのが流行っている」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月6日付け配信
  128. ^ a b 遠藤誉「第11回 結婚も離婚も稲妻のように〜一人っ子政策が生み出した「閃婚族」と「閃離族」」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月27日付配信






結婚と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「結婚」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



結婚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結婚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS