新SD戦国伝 七人の超将軍編 コミックワールドと漫画版との相違点

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 新SD戦国伝 七人の超将軍編の解説 > コミックワールドと漫画版との相違点 

新SD戦国伝 七人の超将軍編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/26 07:13 UTC 版)

コミックワールドと漫画版との相違点

  • 上記の通り、新世大将軍の結晶の割れ方が違う。
  • コミックワールドでは天の島は太陽鋼砲で消滅したが、漫画版では大鋼が天の島と共に消滅した。また、飛駆鳥超将軍が天の島の内部へと入る。
  • コミックワールドでは飛駆鳥は真の怒りと悲しみを知り転生したが、漫画版では新世大将軍に諭され転生した。

備考

本作ではデラックスボンボン誌1994年4月号においてにデザインの読者公募が行われた[2]。しかしながら、発表においては最優秀賞が決定せず、「読者の意見を反映した」という体裁で魔殺駆(本作版)、呪術師 遮光、魔将軍千力の新規登場が決定した。また、その他には公募から最終選考までに残ったキャラクターとして、巨獣怒護羅、鹿殺駆、邪王頑駄無、闇機動武者悪悲故留、魔僧屠武吏悪頭、紅停尾暗黒将軍が採用されている[3]

また、雑誌掲載分では人間の姿が作中で見受けられた[4]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目




注釈

  1. ^ デラックスボンボン掲載版『七人の超将軍』漫画冒頭で登場した大鋼は後に登場したものとデザインが異なり、雑誌においては轟天頑駄無のキットをベースに改造した作例が掲載されていた[1]

出典

  1. ^ 『デラックスボンボン』1994年2月号、講談社、23ページ。
  2. ^ 『デラックスボンボン』1994年4月号、講談社、23頁。
  3. ^ 『デラックスボンボン』1994年6月号、講談社、10頁。
  4. ^ 『デラックスボンボン』1994年4月号、講談社、445頁。


「新SD戦国伝 七人の超将軍編」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新SD戦国伝 七人の超将軍編」の関連用語

新SD戦国伝 七人の超将軍編のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新SD戦国伝 七人の超将軍編のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新SD戦国伝 七人の超将軍編 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS