折りの技法 ウェットフォールディング

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 折りの技法の解説 > ウェットフォールディング 

折りの技法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/10 22:17 UTC 版)

ウェットフォールディング

ウェットフォールディング (Wet-folding) は折り紙におけるテクニックの一つであり、水を用いて紙を湿らせ、より紙を扱いやすくする技法である。この技法を用いると、厚い紙を簡単に折ったり、皺を大幅に減らすことができる。また、曲がった形を固定したり、紙を"伸ばして"(歪ませて)折ることもできる。

折るときのコツ

折り紙などを折るときに端をきちんと合わせることが重要である[3]。後から端を揃えても、折り進めていくうちにズレていくためである[1]。また、折るときに、軽く折り目をつける程度では美しい仕上がりにはならない[3]をスライドさせて強く折り目をつける[3]、または爪や定規などを利用するとよい[1]

関連項目


  1. ^ a b c d e f g 三木由加里『暮らしを彩る実用折り紙―「飾る」「贈る」に大活躍の、便利な折り紙作品集』日本文芸社2000年、10-14頁、ISBN 978-4537200195
  2. ^ 山田勝久『折り鶴から折るおりがみ ふれあい動物園―身近な動物たち』誠文堂新光社2006年、18頁、ISBN 978-4416306109
  3. ^ a b c d Kate Elwood『英語訳つき 楽しいおりがみ』三浦万里訳、主婦の友社2005年、3, 8-10頁、ISBN 978-4072461037
  4. ^ a b c d e f g h i j 日本折紙学会発行 折紙探偵団


「折りの技法」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「折りの技法」の関連用語

1
12% |||||

2
10% |||||

3
4% |||||

折りの技法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



折りの技法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの折りの技法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS