Myrtleとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > Myrtleの意味・解説 

ぎんばいか (銀梅花)

Myrtus communis

Myrtus communis

Myrtus communis

Myrtus communis

Myrtus communis

南ヨーロッパから西アジア原産です。よく分枝して、高さは3~4.5メートルになります卵形から披針形で、対生または3片輪生します。には「ユーカリ」に似た香りがあり、肉料理香りづけやハーブピローに利用されます。7月から8月ごろ、「ウメ」のような白い花いっぱいに咲かせます。果実11月ごろ黒紫色熟しますが、乾燥させてミルで挽き、肉類スパイスとして利用されます。
フトモモ科ギンバイカ属の常緑低木で、学名Myrtus communis。英名は Myrtle。
フトモモのほかの用語一覧
カユプテ:  カユプテ  ティーツリー
キサントステモン:  キサントステモン・クリサンツス
ギンバイカ:  銀梅花
コリンビア:  スポッティドガム
ダーウィニア:  ダーウィニア・ファスキクラリス
テンニンカ:  天人花

Myrtle



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Myrtle」の関連用語

Myrtleのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Myrtleのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 Weblio RSS