Augmented realityとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > Augmented realityの意味・解説 

エー‐アール【AR】

読み方:えーあーる

《augmented reality》⇒拡張現実


オーギュメンテッド‐リアリティー【augmented reality】

読み方:おーぎゅめんてっどりありてぃー

拡張現実


オーグメンテッド‐リアリティー【augmented reality】

読み方:おーぐめんてっどりありてぃー

拡張現実


かくちょう‐げんじつ〔クワクチヤウ‐〕【拡張現実】


拡張現実

読み方かくちょうげんじつ
別名:拡張現実感
【英】Augmented Reality, AR

拡張現実とは、現実世界物事に対してコンピュータによる情報付加することである。または、そのようにしてコンピュータによる情報付加され世界のことである。

拡張現実は、仮想現実バーチャルリアリティ)と対比される仮想現実は、現実にはないものをコンピュータによってあたかもそこにあるかのように知覚させる技術である。これに対して、拡張現実は、現実に存在するものに対してコンピュータ情報をさらに付与し、さらに強い・深い知覚可能にするものであると言える

iPhoneアプリセカイカメラ」が登場し一般公開されたことなどにより、拡張現実は広く知られる概念になっている

Webサービスのほかの用語一覧
セカイカメラ:  エアタグ  エアツイート  エアプロフ  拡張現実  SkyWare  セカイカメラ  セカイライフ

拡張現実

(Augmented reality から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/16 07:56 UTC 版)

拡張現実(かくちょうげんじつ、: Augmented Reality、オーグメンテッド・リアリティ、AR)とは、現実世界に仮想世界を重ね合わせて表示する技術を指す言葉[1][2]エクステンデッド・リアリティ(XR)と呼ばれる先端技術の一つである[3]


注釈

  1. ^ 現実世界にCGなどで存在しないものを表示するところまでは同じだが、MRの場合はさらにそのCGで作られたモノを手に持って動かすといった具合に現実とCGを相互に関連付けることができる。
  2. ^ 現実に見ているものを画像表示部分の先に透けて見えるようにする。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i “仮想現実ソリューション Augmented Reality(拡張現実)”. NTTコミュニケーションズ. https://www.ntt.com/business/solutions/communication-and-collaboration/vrsol/ar.html 2021年11月28日閲覧。 
  2. ^ VRやARとどこが違う? MR(複合現実)の仕組みと代表例『Microsoft HoloLens』を解説”. TIME&SPACE. KDDI (2017年3月16日). 2021年11月28日閲覧。
  3. ^ “XRとは”. NTTドコモ. (2021年8月12日). https://xr.docomo.ne.jp/about_xr/ 2021年11月28日閲覧。 
  4. ^ a b c d e ムコハタワカコ (2021年5月27日). “もっと知りたい! Pickup スマートワーク用語 第6回 VR・AR・MR・SR・XR”. スマートワーク総研. ダイワボウ情報システム. 2021年11月28日閲覧。
  5. ^ a b c 注目の「XR」(クロスリアリティ)とは? VR、AR、MRとの違いと最新事例を紹介”. TIME&SPACE. KDDI (2018年8月16日). 2021年11月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e ARとVRの違いを改めて解説! - 目指すは"電脳コイル"と"ソードアート・オンライン" (1/4)”. ASCII.jp×デジタル. 角川アスキー総合研究所 (2016年12月9日). 2021年12月9日閲覧。
  7. ^ a b c ARやVRとは? さらにMRやXRまで!? 何がどう違うのか改めて解説だ! (1/5)”. アスキー. 角川アスキー総合研究所 (2018年2月26日). 2021年12月9日閲覧。
  8. ^ a b ARとVRの違いを改めて解説! - 目指すは"電脳コイル"と"ソードアート・オンライン" (2/4)”. ASCII.jp×デジタル. 角川アスキー総合研究所 (2016年12月9日). 2021年12月9日閲覧。
  9. ^ ARやVRとは? さらにMRやXRまで!? 何がどう違うのか改めて解説だ! (3/5)”. アスキー. 角川アスキー総合研究所 (2018年2月26日). 2021年12月9日閲覧。
  10. ^ a b c d e ARやVRとは? さらにMRやXRまで!? 何がどう違うのか改めて解説だ! (4/5)”. アスキー. 角川アスキー総合研究所 (2018年2月26日). 2021年12月9日閲覧。
  11. ^ a b ARやVRとは? さらにMRやXRまで!? 何がどう違うのか改めて解説だ! (5/5)”. アスキー. 角川アスキー総合研究所 (2018年2月26日). 2021年12月9日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j “創業@中国 「ドラゴンボールのスカウター」を作った男 鯖江の技術も生きる”. (2020年8月4日). https://globe.asahi.com/article/13595185 2021年12月9日閲覧。 
  13. ^ a b ARとVRの違いを改めて解説! - 目指すは"電脳コイル"と"ソードアート・オンライン" (3/4)”. ASCII.jp×デジタル. 角川アスキー総合研究所 (2016年12月9日). 2021年12月9日閲覧。
  14. ^ a b c Greg Nichols (2018年8月1日). “3 unexpected ways you'll soon find AR/VR in healthcare” (英語). ZDNet. Red Ventures]. 2021年11月28日閲覧。
  15. ^ a b c ARやVRが医療の可能性を広げる時代が到来!”. Medical DX. 株式会社オプティム (2020年8月15日). 2021年11月28日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k “遠隔手術、開発はここまで来た 「ダビンチ」の次を目指す国産ロボットも”. 朝日新聞. (2021年12月4日). https://globe.asahi.com/article/14482731 2021年12月7日閲覧。 
  17. ^ 医療分野における拡張現実・仮想現実の世界市場は、2027年まで年平均成長率26.57%で成長する見込み Report Ocean”. PR TIMES (2021年10月5日). 2021年11月28日閲覧。
  18. ^ 拡張現実(AR)で療育!? 自閉症スペクトラムの人がソーシャルスキル獲得に使えるメガネがスゴイ!”. LITALICO発達ナビ (2018年1月27日). 2021年11月28日閲覧。
  19. ^ a b c 井上孝司 (2020年8月22日). “軍事でも使われ始めたxR技術(4)ARの活用事例”. マイナビニュース. マイナビ. 2021年11月28日閲覧。
  20. ^ ARの軍事利用 米陸軍の「戦術拡張現実(T.A.R.)」”. MoguraVR. 株式会社Mogura (2017年7月8日). 2021年11月28日閲覧。
  21. ^ マイクロソフト、「HoloLens 2」ベースの軍事用ARヘッドセット12万台を受注”. CNET Japan. 朝日インタラクティブ (2021年4月1日). 2021年11月28日閲覧。
  22. ^ 井上孝司 (2020年9月5日). “軍事でも使われ始めたxR技術(6)xRが実戦で活用が進まない理由”. マイナビニュース. マイナビ. 2021年11月28日閲覧。
  23. ^ a b c ケータイ用語の基礎知識 第431回:拡張現実(AR)とは”. ケータイ Watch. インプレス (2009年7月28日). 2021年12月7日閲覧。
  24. ^ a b 稲見昌彦 東大教授VRインタビュー 『電脳コイル』は必修です (2/2)”. KAI-YOU.net. 株式会社カイユウ (2016年8月16日). 2021年12月7日閲覧。
  25. ^ a b 近未来社会の枠組みとインフラを構想する対談 「『スノウ・クラッシュ』から『電脳コイル』へ」”. 4Gamer.net (2008年3月1日). 2021年12月7日閲覧。
  26. ^ a b 特集■第13回大会 特別セッション アニメ『電脳コイル』にみるリアルとバーチャルの接点〜複合現実感の未来実現形態を探る」『日本バーチャルリアリティ学会誌』第13巻第4号、日本バーチャルリアリティ学会、2008年12月、 6-19頁、2021年12月7日閲覧。}
  27. ^ 『ARのすべて-ケータイとネットを変える拡張現実』日経BP、2009年、10頁頁。ISBN 978-4822210830 
  28. ^ 電脳コイル・磯監督とセカイカメラ・井口代表が語る、新しい現実”. アスキー. 角川アスキー総合研究所 (2009年4月24日). 2021年12月7日閲覧。
  29. ^ アマゾンプライムに『電脳コイル』降臨! ほのぼのSFアニメと見せかけてじつはトラウマシーンの宝庫!?”. ファミ通.com. KADOKAWA (2020年6月14日). 2021年12月7日閲覧。
  30. ^ a b サイエンスフューチャーの創造者たち技術に「希望を見いだしたい」――「東のエデン」神山監督×セカイカメラ井口氏”. ITmedia NEWS. アイティメディア (2010年5月21日). 2021年12月7日閲覧。
  31. ^ 「東のエデン」AR技術を駆使した舞台挨拶に拍手喝さい”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2010年1月10日). 2021年12月7日閲覧。
  32. ^ a b 「ケータイ+AR」の現在と未来 話題の拡張現実「AR」って何?”. ケータイ Watch. インプレス (2009年10月9日). 2021年12月7日閲覧。
  33. ^ Johnson, Joel. “The Master Key”: L. Frank Baum envisions augmented reality glasses in 1901 Archived 2013年1月12日, at Archive.is Mote & Beam 10 September 2012
  34. ^ https://www.google.com/patents?q=3050870
  35. ^ Tom Caudell. Ece.unm.edu. Retrieved 9 June 2012.
  36. ^ L. B. Rosenberg. The Use of Virtual Fixtures As Perceptual Overlays to Enhance Operator Performance in Remote Environments. Technical Report AL-TR-0089, USAF Armstrong Laboratory, Wright-Patterson AFB OH, 1992.
  37. ^ L. B. Rosenberg, "The Use of Virtual Fixtures to Enhance Operator Performance in Telepresence Environments" SPIE Telemanipulator Technology, 1993.
  38. ^ Wellner, Pierre. “Computer Augmented Environments: back to the real world”. ACM. 2012年7月28日閲覧。
  39. ^ 拡張現実(AR)はモバイルへ:各種プロジェクトを紹介
  40. ^ Simon Perry (2008年10月23日). “Wikitude: Android App With Augmented Reality: Mind Blowing”. digital-lifestyles.info. http://digital-lifestyles.info/2008/10/23/wikitude-android-app-with-augmented-reality-mind-blowing/ 2008年10月23日閲覧。 
  41. ^ Daniel Wagner (2009年8月6日). “History of Mobile Augmented Reality”. Institute for Computergraphics and Vision. https://www.icg.tugraz.at/~daniel/HistoryOfMobileAR/ 2009年8月6日閲覧。 
  42. ^ Wagner, Daniel (2009年9月29日). “First Steps Towards Handheld Augmented Reality”. ACM. 2009年9月29日閲覧。
  43. ^ 「AR技術による喪の空間の創造 ni_kaのAR詩について」『DOMMUNE OFFICIAL GUIDE BOOK2』河出書房新社 2011年 p49-50
  44. ^ 「ni_kaの「AR詩」」『Web Designing』2012年6月号 マイナビ p43




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Augmented reality」の関連用語

Augmented realityのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Augmented realityのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ拡張現実の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの拡張現実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS