Aster spathulifoliusとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > Aster spathulifoliusの意味・解説 

だるまぎく (達磨菊)

Aster spathulifolius

Aster spathulifolius

わが国本州中国地方日本海側それに九州朝鮮半島ロシア極東地方分布してます。海岸岩場や礫地などに生え、高さは2030センチほどになります基部木質化して、横に這うように広がります。は匙形で、全体長い軟毛や腺毛に被われています。10月から12月ごろ、長い花柄先に淡い藤色頭状花を咲かせます。
キク科シオン属常緑多年草で、学名は Aster spathulifolius。英名はありません。
キクのほかの用語一覧
シオン:  紫苑  大柚香菊  沢白菊  達磨菊  直咲き嫁菜  田舎菊  白嫁菜

達磨草

読み方:ダルマソウ(darumasou)

ダルマギク別称
キク科多年草園芸植物

学名 Aster spathulifolius


達磨菊

読み方:ダルマギク(darumagiku)

キク科多年草園芸植物

学名 Aster spathulifolius





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Aster spathulifolius」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
54% |||||

Aster spathulifoliusのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Aster spathulifoliusのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2018 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2018 Weblio RSS