Apiaとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > Apiaの意味・解説 

アピア (札幌市)

(Apia から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/24 11:50 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
アピア
APIA
ウエストアベニュー(2014年6月)
ウエストアベニュー(2014年6月)
店舗概要
所在地 060-0005
札幌市中央区北5条西3丁目・4丁目
座標 北緯43度04分02秒 東経141度21分01秒 / 北緯43.06722度 東経141.35028度 / 43.06722; 141.35028座標: 北緯43度04分02秒 東経141度21分01秒 / 北緯43.06722度 東経141.35028度 / 43.06722; 141.35028
開業日 1999年10月1日[2]
正式名称 札幌駅南口広場地下街[1]
施設所有者 札幌駅総合開発
施設管理者 札幌駅総合開発
商業施設面積 9,450 m²[3]
営業時間 10:00 - 21:00(ショッピング)
11:00 - 21:30(レストラン)
駐車台数 約1,100台[4]
前身 札幌ステーションデパート、札幌駅名店街、エスタ二番街
最寄駅 JR logo (hokkaido).svg 札幌駅
ST Logo.svg さっぽろ駅
最寄IC E5A 札樽自動車道 札幌北IC
外部リンク アピア JRタワー

アピア (APIA) は、札幌市中央区にある地下街[1]JRタワーJRタワースクエア)を構成する施設になっている。

概要

札幌市営地下鉄さっぽろ駅北海道旅客鉄道(JR北海道)札幌駅を結ぶエリアにあり、ウエストアベニューの西側を「APIA WEST」、東側を「APIA CENTER」としている。イーストアベニューを挟んで「エスタ」(ESTA) に接続している。

沿革

前身は1952年昭和27年)開設の「札幌ステーションデパート」であり[1]1972年(昭和47年)に「札幌駅名店街」[5]1978年(昭和53年)には札幌ターミナルビル開業により「エスタ二番街」を開設した[1]1999年平成11年)に約半年間休業して全面改修を行い[6]、「アピア」としてリニューアルした。2005年(平成17年)にアピアを運営する札幌駅地下街開発が、JRタワー札幌ステラプレイス)を運営する札幌駅南口開発、エスタを運営する札幌ターミナルビル、パセオを運営する札幌ステーション開発と合併し、「札幌駅総合開発」と商号変更した[7]

年譜
  • 1952年
    • 3月:札幌ステーションデパート事業協同組合設立[8]
    • 12月26日 - 札幌駅4代目駅舎地下に開店[8]
  • 1956年11月 - 売り場拡張計画を国鉄に申請[8]
  • 1957年8月 - 売り場拡張計画認可[8]
  • 1958年7月 - 北海道大博覧会に合わせ拡張部を開業[8]
  • 1964年2月 - 札幌駅北口開設に合わせ「北口ステーションストア」を開業[8]
  • 1970年11月18日:札幌市営地下鉄南北線建設に伴う移転先となる札幌駅西側広場の地下街建設を目的に札幌ステーションデパート協同組合・鉄道弘済会日本食堂みかど伊藤組土建の出資で「札幌ステーションビル」(後に「札幌駅地下ビル」に改名)を設立[8]
  • 1972年3月25日 - 札幌駅新地下商店街「札幌駅名店街」開業[8][5]
  • 1978年9月1日 - 札幌ターミナルビル「札幌エスタ」開業、地下街「エスタ2番街」開業。
  • 1994年
    • 2月 - 札幌駅地下ビルが「札幌駅地下街開発」へ商号変更[9]
    • 4月 - 札幌駅地下街開発が「エスタ2番街」の営業を譲受[9]
  • 1997年 - 札幌駅地下街開発が「札幌ステーションデパート」の営業を譲受[9]
  • 1998年5月 - 札幌駅南口地下街増改修事業着工[9]
  • 1999年
    • 4月1日 - 全面改修工事に着手[5][9]
    • 10月1日 - 南口広場地下増改修が完成し「アピア」としてリニューアル開業[10]
  • 2005年 - 札幌駅南口開発、札幌駅地下街開発、札幌ターミナルビル、札幌ステーション開発が合併し札幌駅総合開発の管理となる。

施設

施設全体が採光を重視しており、通路広場に日差しが降り注ぐ設計になっている[11]。「太陽の広場」は吹き抜けになっており、地上(札幌駅前広場)には総ガラス張りのドーム(通称・アピアドーム)がある[12]2012年平成24年)にウエストアベニューに64面(16柱に南北2面、上下2面)のデジタルサイネージ「JRタワー札幌ピラービジョン」を設置し[13]2016年(平成28年)にはイーストアベニュー(木漏れ日の広場)に32面(8柱に東西南北4面)のデジタルサイネージ「JRタワー札幌ピラービジョンクロス」を設置した[14]

WEST
CENTER

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 道路(2) (PDF)”. 札幌市の都市交通データ. 札幌市. p. 3. 2017年9月1日閲覧。
  2. ^ 札幌駅地下街「アピア」APIA 1日リニューアル*南口活性化の試金石*改修前より12店増*テーマを通路名に”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1999年9月29日). 2017年9月1日閲覧。
  3. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会. 2017年9月1日閲覧。
  4. ^ 建物概要”. JRタワー. 2017年9月1日閲覧。
  5. ^ a b c 札幌駅名店街オープン”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1972年3月25日). 2017年8月31日閲覧。
  6. ^ 札幌駅南口地下街 来月から半年休業*集客期待の周辺大型店*売上高50億円 争奪戦激化へ”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1999年3月9日). 2017年9月1日閲覧。
  7. ^ 立澤芳男 (2011年8月24日). “都市生活で読む日本の実態シリーズNo.4 (PDF)”. ハイライフ研究所. pp. 14-15. 2017年9月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h シリーズ「建設新聞で読み解くあのときの札幌」第17回「五輪を支えた都市施設〈地下街(2)〉」 - 北海道建設新聞(2019年5月12日)
  9. ^ a b c d e 建設グラフ1999年4月号 札幌駅南口地下街再開発
  10. ^ <時計台>広場でニュース拝見”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1999年10月1日). 2019年5月23日閲覧。
  11. ^ <日差し>アピア全体が採光を重視した設計。通路のあちこちに陽光が降り注ぐ”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1999年9月29日). 2017年9月1日閲覧。
  12. ^ <たうんワイド>札幌駅南口「アピア」開業1カ月(2の1)*予想超すにぎわい*若者やOL増える*大画面で買い物情報も”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1999年11月5日). 2017年9月1日閲覧。
  13. ^ JRタワー札幌ピラービジョン 商品説明書 (PDF)”. 北海道ジェイ・アール・エージェンシー (2012年). 2017年9月1日閲覧。
  14. ^ JRタワー札幌ピラービジョン&JRタワー札幌エキサイトビジョン 商品説明書 (PDF)”. 北海道ジェイ・アール・エージェンシー (2016年). 2017年9月1日閲覧。

外部リンク


アピア

(Apia から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/21 03:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
アピア
Apia
Samoa - Apia Govt buildings.jpg
位置
サモア内のアピアの位置の位置図
サモア内のアピアの位置
の位置図
座標 : 南緯13度50分 西経171度45分 / 南緯13.833度 西経171.750度 / -13.833; -171.750
歴史
建設 1850年代
行政
サモアの旗 サモア
 島 ウポル島
 行政区画 Tuamasaga
 市 アピア
地理
面積  
  市域 51.8 km2 (20.0 mi2)
標高 2 m (7 ft)
人口
人口 (2011年現在)
  市域 36,735人
その他
等時帯 サモア標準時 (UTC+13)
夏時間 サモア夏時間 (UTC+14)

アピアApia)は、サモア独立国首都である。南太平洋に浮かぶウポル島の北方の海岸に位置する。サモアの唯一の都市であり、港湾施設もある。

概要

市街には伝統的な住宅と、西洋的な住宅が混在している。

アピア港のタグボート整備、及びアピア漁港建設・拡張は、日本の無償経済協力により実現した。

気候

ケッペンの気候区分では熱帯雨林気候(Af)に属する。

アピア(標高2m) 1971–2000の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 33.4
(92.1)
34.0
(93.2)
33.7
(92.7)
33.2
(91.8)
33.6
(92.5)
32.5
(90.5)
31.7
(89.1)
32.1
(89.8)
32.8
(91)
32.4
(90.3)
33.1
(91.6)
34.9
(94.8)
34.9
(94.8)
平均最高気温 °C (°F) 30.4
(86.7)
30.6
(87.1)
30.6
(87.1)
30.7
(87.3)
30.4
(86.7)
30.0
(86)
29.5
(85.1)
29.6
(85.3)
29.9
(85.8)
30.1
(86.2)
30.3
(86.5)
30.5
(86.9)
30.2
(86.4)
日平均気温 °C (°F) 27.1
(80.8)
27.4
(81.3)
27.3
(81.1)
27.2
(81)
26.9
(80.4)
26.6
(79.9)
26.1
(79)
26.2
(79.2)
26.5
(79.7)
26.8
(80.2)
26.9
(80.4)
27.2
(81)
26.9
(80.4)
平均最低気温 °C (°F) 23.9
(75)
24.2
(75.6)
24.0
(75.2)
23.8
(74.8)
23.4
(74.1)
23.2
(73.8)
22.6
(72.7)
22.8
(73)
23.1
(73.6)
23.4
(74.1)
23.6
(74.5)
23.8
(74.8)
23.5
(74.3)
最低気温記録 °C (°F) 19.4
(66.9)
21.1
(70)
21.2
(70.2)
19.5
(67.1)
17.9
(64.2)
17.6
(63.7)
18.9
(66)
18.1
(64.6)
18.1
(64.6)
19.4
(66.9)
19.2
(66.6)
20.7
(69.3)
17.6
(63.7)
雨量 mm (inch) 489.0
(19.252)
368.0
(14.488)
352.1
(13.862)
211.2
(8.315)
192.6
(7.583)
120.8
(4.756)
120.7
(4.752)
113.2
(4.457)
153.9
(6.059)
224.3
(8.831)
261.7
(10.303)
357.5
(14.075)
2,965
(116.732)
平均月間日照時間 149 160 173 186 193 197 213 219 207 199 181 154 2,230
出典 1: World Bank[1]
出典 2: World Meteorological Organization (average high temperature and rainfall)[2]

対外関係

姉妹都市・提携都市

経済

コプラが主な輸出品で、綿製品、砂糖自動車などが主な輸入品である。

交通

空港

港湾

  • アピア港:日本の無償経済協力により実現した。

教育

大学

  • サモア国立大学(The National University of Samoa):サモア最大の大学[1]
  • サモア工科大学(Samoa Polytechnic)[2]

関連項目

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ Environmental and Social Management Framework for the Samoa Agriculture Competitiveness Enhancement Project”. World Bank. p. 54 (2011年12月2日). 2016年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  2. ^ World Weather Information Service–Apia”. World Meteorological Organization. 2016年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。

外部リンク

座標: 南緯13度50分 西経171度45分 / 南緯13.833度 西経171.750度 / -13.833; -171.750



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Apia」の関連用語

Apiaのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Apiaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアピア (札幌市) (改訂履歴)、アピア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS